動画、画像を相互変換、「動画⇔画像相互変換プログラム」パッケージ販売開始

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

報道関係者各位                     2008年11月12日
プレスリリース                  株式会社バイタリフィ
**********************************************************************

      動画と画像を相互変換するプログラム
『動画⇔画像相互変換プログラム』パッケージサービスの提供を開始

**********************************************************************

株式会社バイタリフィ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役:川勝 潤治)は、
動画と画像を相互変換するプログラムのサービス提供を開始しました。

▼動画⇔画像相互変換プログラムとは?
サーバ上で動画と画像を相互変換することが出来るプログラムです。
本プログラムはバイタリフィの独自開発によるWebアプリケーションとして、
各種Webサービスへの組み込みを想定しております。
動画と画像の相互変換技術と、自社のWeb開発ソリューションを利用し、
Webとモバイルとリアルを融合させた様々なサービスへの活用・応用が可能です。

▼アイデア次第で様々なサービスでの利用が可能
携帯動画を動く絵文字に変換したり、写真を使ったスライドショー動画を生成したりと
アイデア次第でWeb・モバイルで様々なサービス展開が可能です。
また、既存サーバへの組み込みの他、ASPでの提供も可能ですので、
多様なメディアやキャンペーン等に活用することができます。

▼弊社動画⇔画像相互変換プログラムの特徴
1. 特別なソフトのインストールが不要なため、ブラウザ上で簡単に操作可能
2. ファイルフォーマットを問わないのでWebとモバイルでの相互利用が可能
3. 動画を各携帯端末で再生可能なフォーマットに変換することも可能
4.「画像を動画へ」、「動画を画像へ」変換したファイルに色調補正、
文字挿入等の加工・編集も可能

▼本サービスの目的
・本サービスそのもの及びシステムの部分的な販売
・Web2.0及びCGMの開発会社としての知名度向上
・『動画⇔画像相互変換プログラム』技術のWeb・モバイルへの応用による、
リッチコンテンツやサービスの展開
・Webとモバイルとリアルを融合させたサービス提供の促進

▼サイトURL
http://vitalify.jp/packages/com17.html

▼採用実績
「エモッピ」
・携帯動画を指定アドレスに送るだけで簡単に動くデコメ絵文字に変換!
http://emoppi.nle.jp/

▼株式会社バイタリフィとは
2005年9月設立のWeb/モバイル制作会社。
Web/モバイル関連の企画制作・Web2.0系の技術・Flash制作・コンテンツ制作に
強みを持っている。
資本金1,000万円、従業員数33名。

▼本件の連絡先
株式会社バイタリフィ 営業部:崎山・石井
住 所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-9-6 アストゥルビル8F
T E L : 03-5428-6346
F A X : 03-3461-6347
E-mail: info@vitalify.jp
U R L : http://www.vitalify.jp/

【配信元】 MMD研究所 http://mmd.up-date.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]