Drupalが「2008オープンソースCMSアワード」で2年連続優勝・2冠達成!

[AD]
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

米国の出版社、Packt Publishing社は10月31日(現地時間)、今年の「オープンソースCMSアワード」の優勝者(Overall Open Source CMS Award Winner)をDrupalに決定したとアナウンスした。

「オープンソースCMSアワード」は、オープンソースCMSを讃え、サポートするために行われているオープンソースCMSの賞で、今年が3回目の実施となる。賞は4部門に分かれており、Drupalは賞のメインで、最も優れたCMSに贈られる「総合部門(Overall Open Source CMS Award)」の第1位を、2年連続で受賞した。また今年は、PHP/MySQLを利用したCMSを対象とする「PHP部門(Best Open Source PHP CMS Award)」でも第1位を獲得し、見事2冠を達成した。

DrupalはPHP/MySQLを利用した汎用的なオープンソースCMS(Content Management System)。海外ではNASAやNIKEなどメジャーなサイトでの実績も数多くあり、ブログサイトから、ポータルサイト、SNSやイントラネットまで幅広く利用する事ができる。

4部門ごとのランキングは、以下の通り。

■総合部門(Overall Winner)
1. Drupal
2. Joomla!
3. DotNetNuke

■最も期待されるCMS部門(Most Promising Open Source CMS)
1. SilverStripe
2. CMS Made Simple
3. ImpressCMS/MiaCMS

■PHP部門(Best PHP Open Source Content Management System)
1. Drupal
2. Joomla!, CMS Made Simple

■PHP以外のCMS部門(Best Other Open Source Content Management System)
1. Plone
2. dotCMS
3. DotNetNuke

【関連サイト】
オープンソースCMSアワード公式サイト
Drupal公式サイト drupal.org

弊社サイトでも、Drupalに関する情報を提供しております。
Drupalでサイト制作するなら Web Go!Go!

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]