【ライブ配信セミナー】プラスチック容器包装のリサイクル及びプラスチック資源循環政策の最新動向 7月12日(火)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2022年06月23日(木)
CMCリサーチ
本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったウェビナー(ライブ配信セミナー)となります。

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: https://cmcre.com/ )では、 各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「プラスチック容器包装のリサイクル及びプラスチック資源循環政策の最新動向」と題するセミナーを、 講師に藤井 均 氏  藤井包装技術事務所 所長)をお迎えし、2022年7月12日(火)13:30より、 ZOOMを利用したライブ配信で開催いたします。 受講料は、 一般:49,500円(税込)、 弊社メルマガ会員:44,000円(税込)、 アカデミック価格は26,400円(税込)となっております(資料付)。 セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!  https://cmcre.com/archives/97250/ 質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。


有用な枯渇資源を次世代に繋ぐため、資源・廃棄物制約を目指した循環型社会に転換するべく、リサイクル対策の強化に加え、廃棄物の発生抑制(リデュース)対策と廃棄物の部品等としての再使用(リユース)対策を含む3Rの導入が行われ、平成9年より順次個別リサイクル法が制定されました。
本セミナーでは、プラスチック容器包装のリサイクルの現状及び循環型社会の促進を目指した「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」及び、その具体的施策である政令・省令・告示について述べます。
プラスチックリサイクルの現状では、プラスチック容器包装リサイクルの実績及び課題(リサイクル率向上、リサイクル製品の品質向上、需要拡大、リサイクルコスト削減等)の対応について述べます。
プラスチック資源循環政策では、容器包装を含めたプラスチック全体の資源循環戦略を策定し、目指すべき方向性としてリデュース、リサイクル、再生利用・バイオマスプラスチックにマイルストーンが示され、この戦略の具体的施策が、プラスチック資源循環施策の基本的方向性として公表されました。この基本的方向性に沿った「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が、令和3年6月11日公布、政令・省令・告示が令和4年1月19日に公布され、令和4年4月1日施行されました。今後のプラスチックリサイクル制度について詳細説明します。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テーマ:プラスチック容器包装のリサイクル及びプラスチック資源循環政策の最新動向
開催日時:2022年7月12日(火)13:30~16:30
参 加 費:49,500円(税込) ※ 資料付
 * メルマガ登録者は 44,000円(税込)
 * アカデミック価格は 26,400円(税込)
講 師:藤井 均 氏 藤井包装技術事務所 所長

【セミナーで得られる知識】
(1) 循環型社会の定義、数値目標、法律体系
(2) 容器包装リサイクルの現状 ・容器包装リサイクル法及び制度 ・プラスチック容器包装リサイクル状況、リサイクル技術、製品
(3) 容器包装リサイクルにおける課題及び対策
(4) プラスチック資源循環戦略(3R+renewable)
(5) プラスチック資源循環施策の基本的方向性
(6) 新法制定:プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律

※本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

2)申し込み方法
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト
https://cmcre.com/archives/97250/
からお申し込みください。
折り返し、 視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
詳細はURLをご覧ください。



3)セミナープログラムの紹介
1. 循環型社会とは
 ・定義、数値目標
 ・循環型社会形成の推進に関する法体系

2. プラスチックマテリアルフロー
 ・廃プラスチック排出量
 ・廃プラスチック有効利用量・内訳

3. プラスチック容器包装リサイクル現状
 ・容器包装リサイクル制度の仕組み
 ・容器包装の回収(取組み市町村及び回収量推移)

4. プラスチックリサイクル技術・リサイクル製品
 ・材料リサイクル
 ・ケミカルリサイクル(コークス炉化学原料化 合成ガス化油化等)
 
5. プラスチック容器包装リサイクル制度の課題・対応

6. プラスチック資源循環戦略
 ・基本原則(3R + Renewable)
 ・今後の戦略展開(マイルストーン)
 ・バイオマスプラスチック

7. プラスチック資源循環施策の基本的方向性・具体的施策

8. (新法)プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律について

9. リサイクル制度(政令・省令・告示)
 ・プラスチック使用製品設計指針に適合した設計
 ・特定プラスチックの使用の合理化、判断基準策定
 ・市区町村による分別収集・商品化、認定により選別・梱包不要
 ・製造事業者等による自主回収・再資源化
 ・排出事業者による排出の抑制、再資源化 等


4)講師紹介
【講師経歴】
2014年6月まで大日本印刷(株)にて包装材料の開発、包装設計に従事。2016年6月まで、容器包装に関する業界団体に所属、2016年7月より藤井包装技術事務所を開設。

【著 書】
機能性・環境対応型包装材料の新技術、抗菌抗カビ技術と応用、欧米の食品用容器包装法規制の動向、包装材料における環境対応、環境配慮型容器包装の開発動向、EUにおける容器包装規制 等


5)セミナー対象者や特典について
※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。

★ 受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。


【セミナー対象者】
・容器包装メーカー・樹脂メーカー・包装機械メーカー・印刷・色材メーカー・添加剤メーカー・食品メーカー・食品製造装置メーカー 等


☆詳細とお申し込みはこちらから↓
https://cmcre.com/archives/97250/


6)ウェビナー(オンライン配信セミナー)のご案内
〇 珪藻を用いた燃料・有用物質の生産と低コスト化
 開催日時:2022年6月28日(火)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/96223/

〇 動きが活発な循環型プラスチックの利用の課題と今後の包装
 開催日時:2022年6月28日(火)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/96241/

〇 マテリアルズインフォマティクス(MI)の動向と小規模データ駆動型MIのすすめ
 開催日時:2022年6月29日(水)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/93053/

〇 ハードコート技術の基礎と応用
 開催日時:2022年6月29日(水)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/97052/

〇 炭素循環(カーボンリサイクル)技術
 開催日時:2022年6月29日(水)10:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/96918/

〇 プラスチック/ゴムの劣化・破壊メカニズムとその事例および寿命予測法
 開催日時:2022年6月30日(木)10:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/93404/

〇 発酵による有用物質生産とプロセス開発
 開催日時:2022年6月30日(木)13:30~16:30 
 https://cmcre.com/archives/97266/

〇 射出成形を事例にしたプラスチック加工の基礎と最新の加工技術
 開催日時:2022年6月30日(木)10:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/93234/

〇 5G/6G時代に対応するFPC最新市場・技術動向
 開催日時:2022年7月1日(金)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/96544/

〇 異種材料接着・接合の基礎と最新技術、及び強度/信頼性/耐久性向上と寿命予測法
 開催日時:2022年7月1日(金)10:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/96964/

〇 技術者のための表面熱処理技術の基礎と応用
 開催日時:2022年7月4日(月)10:00~17:00
 https://cmcre.com/archives/97392/

〇 xEV・LIB・LIB構成部材の市場動向 ― 中国・欧州・米国・日本の4市場の展望 ―
 開催日時:2022年7月4日(月)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/97174/

〇 再生医療用機能性高分子足場材料の最新動向
 開催日時:2022年7月5日(火)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/97091/

〇 AI画像認識システムの基礎と応用
 開催日時:2022年7月5日(火)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/92622/


☆開催予定のウェビナー一覧はこちらから!↓
https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/


7)関連書籍のご案内
(1)世界のバイオプラスチック・微生物ポリマー 最新業界レポート
  https://cmcre.com/archives/98051/

■ 発 行:2022年5月30日
■ 定 価:冊子版 180,000 円(税込 198,000 円)
    セット(冊子 + CD) 240,000 円(税込 264,000 円)
    ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体 裁:A4判・並製・252頁
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
 ISBN 978-4-910581-22-4

↓詳細とご購入はこちらから
https://cmcre.com/archives/98051/

(2)食品包装産業を取り巻くマイクロプラスチック問題
  https://cmcre.com/archives/74506/

■ 発 行:2021年2月10日
■ 監 修:宇山 浩(大阪大学大学院工学研究科)
■ 定 価:本体(白黒) 90,000 円(税込 99,000 円)
     本体 + CD(カラー) 100,000 円(税込 110,000 円)
     ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体 裁:A4判・並製・254頁
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
 ISBN 978-4-904482-96-7

↓詳細とご購入はこちらから
https://cmcre.com/archives/74506/

(3)生分解性プラスチック入門 ~ 生分解性プラスチックの基礎から最新技術・製品動向まで ~
  https://cmcre.com/archives/65218/

■ 発 行:2020年9月10日
■ 定 価:冊子版 60,000 円(税込 66,000 円)
     セット(冊子 + CD) 70,000 円(税込 77,000 円)
     ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体 裁:A4判・並製・176頁
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
 ISBN 978-4-904482-88-9

↓詳細とご購入はこちらから
https://cmcre.com/archives/65218/

(4)廃プラスチック問題の現状および解決のための最新技術と展望
   ~ 循環経済(Circular Economy)に向けて ~
  https://cmcre.com/archives/57629/

■ 発 行:2020年3月19日
■ 定 価:冊子版 90,000 円(税込 99,000 円)
     セット(冊子 + CD) 100,000 円(税込 110,000 円)
     ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体 裁:A4判・並製・270頁
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
 ISBN 978-4-904482-74-2

↓詳細とご購入はこちらから
https://cmcre.com/archives/57629/

(5)プラスチック最新業界レポート2020
  ~ マイクロプラスチック・廃プラスチック・バイオプラスチックを探る ~
  https://cmcre.com/archives/52924/

■ 発 行:2019年11月11日
■ 定 価:冊子版 90,000 円(税込 99,000 円)
     セット(冊子 + CD) 100,000 円(税込 110,000 円)
     ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体 裁:A4判・並製・266頁
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
 ISBN 978-4-904482-67-4

↓詳細とご購入はこちらから
https://cmcre.com/archives/52924/

☆発行書籍の一覧はこちらから↓
https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/
以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]