エッジコンピューティング市場ーコンポーネント別(ハードウェア、プラットフォーム、ソリューション)、アプリケーション別、組織規模別、業種別および地域別ー世界的な予測2030年

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年07月30日(金)
SDKI Inc.
SDKI Inc.が「エッジコンピューティング市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年07月30日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/reports/edge-computing-market/108966



エッジコンピューティング市場は、2022年に67.2億米ドルの市場価値から、2030年までに560.7億米ドルに達すると推定され、予測期間中に35.4%のCAGRで成長すると予想されています。

この市場の成長は、IoTテクノロジーの採用の増加、低遅延を必要とするインテリジェントアプリケーションの急増などの要因によって推進されています。また、リアルタイムの自動化された意思決定ソリューションに対する需要の高まり、低遅延処理の必要性、および指数関数的に増加するネットワークトラフィックとデータ量を克服する必要性も、市場の成長に貢献しています。さらに、デジタルトランスフォーメーションのイニシアチブの増加、IoTソリューションの高い採用、およびデータの収集とリポジトリへの保存をIoT対応にしたコンピューティング接続モバイルデバイスと組織の使用の増加も、市場の成長を後押しすると予想されます。しかし、セキュリティの懸念は、予測期間中に市場の成長を妨げると予想されます。

市場セグメント

エッジコンピューティング市場は、コンポーネント別(ハードウェア、プラットフォーム、ソリューション)、アプリケーション別(スマートシティ、位置情報サービス、分析、拡張現実)、組織規模別(SME、大企業)、業種別および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アプリケーションに基づいて、スマートシティセグメントは予測期間中に主要な市場シェアを保持すると予想されます。

スマートシティプロジェクトは、今後数年間で地域を超えて勢いを増すことが期待されています。スマートシティは、タスクを正常に実行するために低遅延と高帯域幅の要件を必要とする多数のアプリケーションで構成されています。エッジコンピューティングは、ネットワークのエッジにコンピューティング機能をもたらしており、それによって遅延を減らし、より高速な応答でアプリケーションを容易にします。開発途上地域にまたがるスマートシティプロジェクトの実装により、エッジコンピューティングのハードウェア、プラットフォーム、およびサービスは、今後数年間で需要を獲得する可能性があります。

組織の規模に基づいて、中小企業(SME)セグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。

中小企業セグメントは、予測期間中に高いCAGRで成長すると予想されます。中小企業は、大企業よりも大きなリソース不足に直面しており、大規模なデータを保存および管理するためにデータセンターに投資しています。エッジコンピューティングは、ソースに近いネットワークのエッジでデータを収集、処理、および保存することでSMEを容易にしており、運用コストを削減します。SMEは、市場競争に対処するために、エッジ分析などの高度なITテクノロジーの採用に熱心です。これは、世界中の中小企業セグメント内のエッジコンピューティング市場を支援する要因の1つです。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は2017年に最大の市場シェアを保持しました。しかし、アジア太平洋地域はCAGRの観点から最も急速に成長している地域です。この成長は、この地域の発展途上国における未開拓の機会、およびスマートシティプロジェクトへの多額の投資に起因しています。さらに、発展途上国でデジタル化を促進するための政府のイニシアチブにより、多くの大規模な組織がこの地域の市場をターゲットにしています。これにより、エッジコンピューティングベンダーが今後数年間で探索する機会が生まれると予想されます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

市場の主要なキープレーヤー

エッジコンピューティング市場の主要なキープレーヤーには、Nokia Networks(フィンランド)、Huawei(中国)、Juniper Networks(米国)、Dell(米国)、Cisco Systems(米国)、HPE(米国)、SixSqSàrl(スイス)、FogHorn Systems(米国)、Vasona Networks(米国) 、MachineShop Inc.(米国)、Saguna Networks(イスラエル)、Vapor IO(米国)、Xiotech(米国)、Mirror Image(米国)、Aricent(米国)、ADLINK Technology(米国)などがあります。この調査には、エッジコンピューティング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/edge-computing-market/108966

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]