シー・アイ・エーの全株式取得に関する契約を締結

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年11月12日(木)
デロイト トーマツ グループ
クライアントのブランディングを通した企業戦略からサービス開発実装にわたる企業価値向上を「End-to-End」で支援するための機能・体制を拡充

デロイト トーマツ ファイナンシャル アドバイザリー合同会社(東京都千代田区、代表執行役社長 福島 和宏/以下、「DTFA」)は、株式会社シー・アイ・エー (東京都渋谷区、代表取締役CEO 立川 サイ(シー・ユー・チェン)/以下、「CIA」)の全ての発行済み株式を取得する契約を、CIAの株式を保有する株式会社リヴァンプおよびCIAの経営陣との間で、2020年11月11日付で締結しました。今後具体的な手続きを進めたうえで、CIAは、2020年11月30日付でDTFAの完全子会社となる予定です。それにより、CIAは現経営陣の下で独立した法人として存続しつつ、デロイト トーマツ グループの一員に加わります。


CIAは、1984年の創業以来36年、Creative Intelligence Associates(CIA)という社名に込めた「未来のあるべき姿を描き、創造し、クリエイティブに社会に貢献する」という理念を大切に、ブランディングを通してクライアントの企業価値向上に寄与してきました。

一方、DTFAは、M&Aアドバイザリー分野での国内最大級の陣容・実績とデロイトのグローバルネットワークを活かし、グローバル企業から中堅・中小企業まであらゆる企業を対象に、M&Aの実行はもとより、M&Aに関わる戦略構想から取引後の経営統合支援(PMI:Post-Merger Integration)に至るまで、M&A関連サービスの「End-to-End」での提供体制の一層の強化を図っています。

今回の株式取得を通じて、DTFAは、CIAが強みとする企業戦略を基にしたブランディング開発に関する知見を活用し、M&Aライフサイクルにおいて、ブランドデューデリジェンス(DD)やPMIにおけるブランド統合などの分野でのサービスを拡充していく方針です。また、CIAとの協働を進めることで、企業およびサービスのブランディング戦略・コンセプト策定から、不動産開発、都市計画・開発等の支援など、不動産やインフラ・公共セクターを含む様々な業界におけるプロトタイプ作成から実装までの支援が可能になり、より広い範囲での「End-to-End」のサービス提供を実現します。

デロイト トーマツ グループは、プロフェッショナルサービスファームとして有する圧倒的な専門性・総合力と、データ・アナリティクスやデジタルテクノロジーに関する最先端の実践的知見を融合することで、経済社会や産業の将来像を指し示し、その実現に必要とされる経営変革と社会イノベーションを加速させる「経済社会の変革のカタリスト」となることを目指しています。今回の取り組みを通じて、クライアントのブランディングを通した企業戦略からサービス開発実装にわたる企業価値向上の支援を「End-to-End」で強力に推進していきます。


【株式会社シー・アイ・エーの概要】
設立: 1984年
本社所在地: 東京都渋谷区富ヶ谷1-43-9
事業内容: ブランド関連アドバイザリーサービス
代表者: 立川 サイ(シー・ユー・チェン)
URL: https://www.cia.tokyo/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]