ワイヤー・ケーブル材料市場、2030年末までに2,090億米ドル突破見込み

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年07月29日(木)
株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ワイヤー・ケーブル用材料の世界市場:産業分析、市場規模・シェア・成長率・動向・予測 (2020年~2030年)」(Transparency Market Research)の販売を7月28日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tsm987703-wire-cable-materials-market-global-industry.html




材料科学の進歩が市場の成長を促進
ワイヤー・ケーブル材料は、材料科学の進歩、研究開発活動、様々な産業分野での用途に合わせた新しいタイプの電線の導入などにより、過去数十年の間に急速なペースで進化してきました。世界中で電気ケーブルの需要が高まっている一方で、メカニカルケーブルの採用も増えており、ワイヤー・ケーブル材料市場は予測期間中、安定した成長が見込まれています。現代の配線システムは、最適な安全性を確保するために、主にさまざまな種類の配線材で作られています。

ワイヤー・ケーブルは、建設、通信、包装、産業機械、航空宇宙、防衛、情報技術など、さまざまな産業分野で幅広く使用されています。評価期間中は、ワイヤー・ケーブルの用途の増加が、ワイヤー・ケーブル材料市場を牽引すると予想されます。現在、ワイヤー・ケーブル材料市場で入手可能な最も著名なケーブルには、非金属シースケーブル、装甲ケーブル、計装ケーブル、低電圧ケーブル、通信ケーブルなどがあります。高速インターネットの需要が高まり、高品質な通信インフラが重視されるようになったことで、ワイヤー・ケーブル材料市場は予測期間中に素晴らしいペースで成長することが予想されます。

これらの要因に加え、新たな通信開発プロジェクトの急増や電気工学産業の進展により、世界のワイヤー・ケーブル材料市場は2030年末までに2,090億米ドルを突破すると予想されます。また、発展途上国や低開発地域における建設部門の活況が、予測期間中の世界のワイヤー・ケーブル材料市場の成長を促進すると期待されています。

建設分野でのワイヤー・ケーブルの需要が市場を牽引
建設業界は、過去数十年にわたって世界中で大きな発展を遂げてきました。持続可能な開発や環境に配慮した建設技術の導入が進むにつれ、現代の建設業界では革新的な新技術が徐々に存在感を増しています。特に建設分野で活動している電気産業も過去数年間で進歩しており、それに伴い、新しいワイヤーやケーブルの素材が市場に登場しています。世界のいくつかの地域では、建設プロジェクトの数が大幅に増加しています。そのため、ワイヤー・ケーブルの需要が増加しています。この要因は、評価期間中の世界のワイヤー・ケーブル材料市場の成長に影響を与えると考えられます。

さらに、3Dプリンターの登場により、大きな障害なく様々な素材のワイヤー・ケーブルを製造することが可能になりました。3Dプリンターの製造効率の高さから、この技術を使って建設用ケーブルを製造するケースが増えており、採用が拡大しています。現代の配線材としては、アルミニウムと銅が最も人気があり、この傾向は予測期間中も続くと思われます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tsm987703-wire-cable-materials-market-global-industry.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]