富士通とPalantir、社会課題の解決とビジネス変革を加速させる戦略的パートナーシップを強化

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2023年12月08日(金)
富士通株式会社
「Fujitsu Uvance」のオファリングにPalantirのAIとデータ統合機能を組み込み、グローバルに提供

富士通株式会社(以下、富士通)(注1)とPalantir Technologies Japan株式会社(以下 Palantir Japan)(注2)は、社会課題の解決とビジネス変革の加速に向け、Palantir Technologies Inc.(以下 Palantir Technologies)(注3)を含めた戦略的なグローバルパートナーシップの発展に向けた契約を2023年12月5日に締結しました。本パートナーシップに基づき、富士通はPalantirとともに、同社のAI(人工知能)とデータ統合機能を、富士通の社会課題解決に向けたグローバルソリューションである「Fujitsu Uvance」(https://activate.fujitsu/ja/uvance/)のデータ基盤として組み込み、日本国内は2023年度内に、グローバルには2024年度よりサービスの提供を開始します。


富士通とPalantirは2020年6月に、日本市場におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の強化に向けて戦略的協業を締結し、これにより富士通はPalantir Japanの日本における唯一のFlagship Technology Partnerとして、製造、電力、金融、公共分野におけるお客様のDXを支援してきました。今回の戦略的なグローバルパートナーシップ強化により、富士通は世界中のお客様に最適なソリューションを提供できる日本企業として唯一のStrategic Alliance Partnerとなり、富士通の社内実践事例と日本国内の導入事例のノウハウ、および富士通とPalantirのグローバル市場の顧客基盤を生かして、日本市場に加え北米、欧州、APACへ事業領域を拡大します。

さらに、富士通は、Palantirの様々なシステムに分散した大規模データを統合管理する「Palantir Foundry」(注4)を富士通の「Fujitsu Uvance」のデータ基盤として組み込んだサービスを開発し、さらにAIを活用する「Palantir AIP」(注5)や先進的なデータ統合・活用技術を融合させてお客様に提供します。これにより、組織や企業間で分断されたプロセスやデータをつなぎ活用することで、企業や組織間でのクロスインダストリーの協力を活性化させ、画期的な解決策やインサイトを導き出します。まずは社会課題解決、ビジネス変革に貢献するESG経営やSCM領域のサービスを提供し、順次、対象領域を拡大していきます。

当社とPalantirは、それぞれのケイパビリティーを最大限に活用することでお客様の多様なニーズに応えるサービスをクイックかつアジャイルに提供し、事業環境の急激な変化に対して迅速な対応が必要な世界中のお客様のビジネスと組織の変革や強靭なサプライチェーンの構築を支援します。

富士通株式会社 執行役員SEVP グローバルビジネスソリューションビジネスグループ長 高橋 美波のコメント
富士通はこれまでPalantir Technologies JapanおよびPalantir Technologies Inc.とともに高度な専門性を有するデータ統合・活用分野のエンジニアを育成し、またデータ統合プラットフォームを利用した社内実践としてデータ起点で様々な業務課題の解決に取り組んできました。今回、パートナーシップを強化することでPalantirが持つ世界最高水準のAIとデータ統合機能と、富士通のコンピューティングやシミュレーションテクノロジーを融合し、SXとDXの実現やESG経営の推進に貢献することで、「Fujitsu Uvance」が目指す世界的な社会課題の解決に取り組んでまいります。

Palantir Technologies Inc. Global Head of Business Development ケビン カワサキ(Kevin Kawasaki)のコメント
私たちPalantirは富士通との仕事をとても誇りに思います。富士通とPalantirはすでに「Palantir Foundry」によって官公庁、製造、電力、金融分野など日本のあらゆる主要産業のお客様を共同でサポートしています。今後北米と欧州、APACの最も急速に成長している地域に「Palantir AIP」と「Palantir Foundry」を導入できることを嬉しく思います。私たちは富士通の優秀なエンジニアとの継続的なパートナーシップを楽しみにしています。

Palantir Technologies Japan 株式会社 代表取締役CEO 楢崎 浩一のコメント
当社は2019 年 11 月の設立以来、Palantirの持つ最高の技術を駆使して企業や社会の DX を支援してきましたが、近年「Palantir AIP」と「Palantir Foundry」などのプラットフォームを通じた DX 推進の役割はさらに大きくなっていると感じております。2020年に富士通を Flagship Technology Partner として迎えて以降、今回その関係が戦略的なグローバルパートナーシップという形に発展したことを嬉しく思います。

【商標について】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【注釈】
注1
富士通株式会社:
本社 東京都港区、代表取締役社長 時田 隆仁
(補足:掲載先メディアや閲覧環境の仕様によっては、「隆」の文字が正しく表示されない場合があります。正しくは、「隆」の「生」の上に「一」が入ります。)

注2
Palantir Technologies Japan株式会社:
本社 東京都渋谷区、代表取締役CEO 楢崎 浩一

注3
Palantir Technologies Inc.:
本社 米国コロラド州、Co-Founder and CEO:Dr. Alexander Karp

注4
Palantir Foundry:
組織内のデータ、アナリティクス、オペレーションを接続し、様々なソフトウェアシステムとも連携する相互運用性の高いプラットフォーム

注5
Palantir AIP:
セキュリティを確保したお客様のプライベートネットワークでLLM(大規模言語モデル)や他のAIを安全に最大活用するソフトウェアプラットフォーム

【関連リンク】
富士通とPalantir Technologies Inc.が戦略的提携(2020年6月10日富士通プレスリリース)
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/06/10.html

【当社のSDGsへの貢献について】


2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)は、世界全体が2030年までに達成すべき共通の目標です。当社のパーパス(存在意義)である「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくこと」は、SDGsへの貢献を約束するものです。
  <本件が貢献を目指す主なSDGs>


【本件に関するお問い合わせ】
富士通株式会社
受付時間: 9:00~12:00および13:00~17:30
(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)
お問い合わせフォーム(https://contactline.jp.fujitsu.com/customform/csque04802/873532/

Palantir Technologies Inc.
Palantir Technologies Japan株式会社

E-mail:media@palantir.com

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
Google Search Consoleの旧称。 同義語 の「Googl ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]