Asia Web3 Alliance が発足、Web3の世界的普及を推進、新役員を発表

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2023年11月01日(水)
ダイキ株式会社
 2023年11月1日 - Asia Web3 Alliance(AWAJ)は、Web3のイノベーション、コラボレーション、投資の新時代を迎え、正式に発足したことを発表する。

世界47カ国以上とブロックチェーンの才能を持つ世界中の人々をアジア市場や日本へ繋ぐ包括的なスペースとなることを目指している。


AWAJは、Hinza Asif CEOのリーダーシップの下、10名の任命された理事と1名の諮問委員によって運営される。(以下がそのメンバーである。): Sandy Carter氏, Luke Soon氏, David Palmer氏, Jamie Kingsley氏, CA Aishwary Gupta氏, Nicole Chan氏, Brian McGleenon氏, Morten Rongaard氏, Leo Mizuhara氏, Taketo Nakanishi氏 そして、Yuma Tanimoto氏.

Asia Web3 Alliance Japan(AWAJ)とは?

Asia Web3 Alliance Japan (AWAJ)は、アジアのWeb3エコシステムと日本のダイナミックなビジネス環境をつなぐことで、ブロックチェーン技術の開発と導入に貢献することに焦点を当てたプラットフォームである。このアライアンスは、倫理的イノベーション、コラボレーション、包括性の3つの主要な原則に基づいて構築されています。
このプラットフォームは、アジアと日本市場の橋渡しをする戦略的パートナーとして、会員をサポートする。専門知識を提供し、提供される機会から利益を得るために、世界中からのメンバーの参加を歓迎する。
これには、国境を越えた相乗効果の追求、市場参入の支援、政策提言、利害関係者とのつながりの促進などが含まれる。
AWAJのボードメンバーは、同じビジョンを共有する有能な専門家、プロフェッショナル、エグゼクティブの方々で構成されている。各ボードメンバーは、AWAJの目標である、Web3の普及を促進し、日本およびアジア市場とのビジネスチャンスを世界中に広げることに貢献します。
当協会は、によ16の小委員会り構成されています。各分科会には、Web3業界内の重点分野に関連するメンバーが含まれます。メンバーは近日中に発表される予定です。

ボードメンバーはどのようにAsia Web3 Alliance に貢献しているのか?
協会は外国人会員と日本人会員の2つのカテゴリーに分かれている。この提携の背後にあるビジョンは、日本のダイナミックな市場に参加し、構築することを望む外国人に焦点を当てることです。

HashnoteのLeo Mizuhara CEOそして、CROSSTECH共同設立者のTaketo Nakanishi氏が、日本市場を代表してグローバルな業界に参入する。

AWAJの立ち上げについて、Leo氏は「日本国民として、またブロックチェーン技術の支持者として、日本がエレクトロニクスと金融の両分野で長年にわたって支配的であったのと同じように、Web3でアジアの支配的な勢力として台頭するのを支援したいと考えています。」と語っている。





Taketo氏は国際市場での豊富な経験を持つ。多くの国を訪れ、政府や企業、団体と協力してブロックチェーン・ソリューションを提供してきた。Leo氏、Taketo氏ともに普通の日本の投資家や建設業者が行ったことのないところまで行っている。






Unstoppable Domainsの副社長であるSandy Carter氏は、国際市場を代表している。様々な組織と協力し、デジタルIDの権利の概念を世界中に広めている。AWAJのメンバーとして、Sandyは関係者と協力することで、デジタルIDのユースケースを教育し、提示することを目指している。



 
Reality+のCEOであるMorten Rongaard氏、BD Ecosystem in India at Polygon Labsの責任者であるCA Aishwary Gupta氏、Vodafone Businessのブロックチェーン・リードであるDavid Palmer氏は、Web3採用のビジネス構築の経歴を持つ。

Morten氏は「共通の知識と洞察力を通じてヨーロッパとアジアの架け橋となることで、私たちはWeb3アライアンスの未来を強化し、協力と団結の道を照らし出します」と語った。






Aishwary氏は「私がアライアンスに参加する目的は、Web3の成長を促進し、業界として成長するために関係者と緊密に協力することです」と語った。







David氏は「この新しいAsia Web3 Allianceは、地域全体の企業やビジネスに対してWeb3の機能をより広く認知させるとともに、Web3とモバイル、IoT、フィンテックのインフラとの融合を加速させ、新しいデジタル・ビジネス・オペレーティング・システムを強化するために重要です。」と語った。





「インサイダーの視点から市場を啓蒙するために、主要なソート・リーダーシップ・トピックを掘り下げていくのが楽しみです」と、さまざまな企業、新興企業、投資家と仕事をしてきたPR GeniusのCOO兼共同設立者、Jamie Kingsley氏は語る。





PwC SingaporeのパートナーであるLuke Soon氏は、AWAJはエクスペリエンス・エコノミーとエクスポネンシャルの時代における人類(とAI)のより良い未来を解決するための信頼に裏打ちされたヒューマン・エクスペリエンス(HX)に投資する絶好の機会だと考えている。




残りのメンバーは、ブロックチェーンの導入に貢献するさまざまな組織のハイクラスな役員である。AWAJとともに、彼らは政策立案の専門知識を持ち寄り、アジア市場に進出していく。

AWAJの今後の計画
日本のビジネスフレンドリーな環境とブロックチェーンに関する新たなテクノロジーに対する積極性により、日本は現在、世界有数のブロックチェーンハブとなっている。さらに、アジアにはビジネスが拡大、成長する大きなチャンスが広がっている。

しかし、日本市場への参入を望む国際社会にとっては、まだギャップがある。AWAJは、理事会メンバーとの協力姿勢を通じて、その克服、代表、解決策の提示に重要な役割を果たしていく。
政府機関、大使館、組織との協力関係、および追加役員については、近日中に発表される予定だ。
詳細は以下のリンクよりご確認ください。
https://asiaweb3alliance.jp/

Hinza Asif氏とはどういう人物か?
 NFTStudio24のCEO兼創設者であるHinza Asif氏は、人生で素晴らしい成功を収め、メディア業界に8年以上捧げてきた。彼女は現在、ブロックチェーン技術を通じてメディア業界に革命を起こす取り組みを主導している。日本フォーリン・プレスセンター準会員、日本外国特派員協会準会員。また、マレーシアのWEB3 Women in Tech Awardにノミネートされている。

ダイキ株式会社 - NFTStudio24とは?
NFTStudio24はWeb3やメタバース、そしてブロックチェーンの領域において、言語や国の障壁をなくことを目的とした日本ベースのメディア/PR会社です。このプラットフォームでは、包括的でより透明性が高く、ユーザー中心のメディア・エコシステムを構築することを目指しています。
NFTStudio24についての詳細はこちらから:
公式ウェブサイト
https://nftstudio24.com/
https://jp.nftstudio24.com/
Twitter
https://twitter.com/nftstudio24
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ネットプロモータースコア
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]