WWDC 2020で発表されたIDFAの制限とKochavaの考えるマーケティング・ソリューションの新たな挑戦

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年06月30日(火)
Kochava Inc.
消費者のプライバシーのためAppleはiOS14でIDFAに新しい制限を設ける。アトリビューション・プロバイダー大手のKochavaが考えるこれからのマーケティング・ソリューション。

WWDC 2020でIDFAの取得のオプトイン化が発表されました。本発表の要約とアトリビューション、フラウド対策、プライバシー、リエンゲージメント・キャンペーンの再考に至るまで、世界をリードするアトリビューション・プロバイダーであるKochavaの見解を余すことなくお伝えします。



今週のWorldwide Developers Conference(WWDC)でのプライバシー・イニシアティブに関するAppleの発表が業界を騒がせていますが、Kochavaにとっては驚くようなことではありません。IDFAは長年iOSにおけるユーザーIDとして広告主が活用できる識別子でした。AppleはIDFAの利用を制限すると発表しており、アドテク各社が広告効果測定やユーザー行動の計測について再考せざるを得ません。Appleは消費者のデータを保護するプライバシー・イニシアティブの一環として、パブリッシャーや広告主、その他関係各社にユーザー・トラッキングの許可をユーザーから取得するよう要求することになります。

過渡期にあるエコシステムですが、私たちはユーザー・データのプライバシーに関する変化に真剣に取り組む準備が整っています。Appleとの長年のパートナーであり、世界をリードするアトリビューション・プロバイダーである私たちの使命は、Appleの使命と一致しています。

WWDC 2020の要約

IDFAアクセスのオプトイン(IDFAも取得にユーザーの明示的同意が必要)に加えて、iOS端末に表示される広告のアトリビューションについてはSKAdNetworkに登録しているパブリッシャーを通じて広告主へ渡すよう変更する意図がAppleにはあるようです。マーケターはインストールの発生を知ることはできても、それを特定の端末と結びつけることはできないため、ユーザーのプライバシーは保護されるというわけです。SKAdNetworkは今週正式に言及されたばかりなので、現在のところSKAdNetworkを利用できる配信面はなく、どの配信面がいつ利用可能になるのかについても不明です。

消費者のプライバシーを重視した大きな変化ではありますが、過去に起きたIDFAのリセットやLimit Ad Tracking(LAT)は、現在の状況(Appleが個別に端末の識別子の取得を制限すること)が起こり得ることを示唆していました。

今回の発表はCookieの終了をGoogleがカウントダウンしはじめ、CCPAが施行されるなか行われました。広告主はマーケティングや計測、リターゲティング方法の業界的な変化の渦中にいるわけです。

私たちはこの業界の流れを先読みし、従来の端末識別子が得られない場合においても通用するアイデンティティー・ソリューションを準備しています。Kochavaはこれまでもプライバシーを保護しつつ、新規性のあるアイデンティティー・ソリューションを開発し、CMP(Consent Management Platform)(※)を提供してきました。
※Kochavaが提供するCMP: https://www.kochava.com/consent-management-platform/

これから何が起きるのか

私たちは現在進行しているいくつかのイノベーションによってエコシステムを支える用意ができています。その中にはアイデンティティー・ソリューションやコンテクスチュアル・ターゲティングの有効化およびSKAdNetworkやXCHNGといったフレームワークが含まれます。Kochavaは顧客、パートナー、エコシステムと連携を取りながら、競争力のあるソリューションを提供できるよう取り組んでいます。

IDFAが利用できない場合に何がソリューションとなるのか

Cookieの終了とIDFAの制限の強化に備えて、代替のアイデンティティー・ソリューションがこれまで以上に重要になっています。

Kochavaは時代を先読みし、プラットフォーム固有の広告IDに依存しないアイデンティティー・ソリューションに取り組みはじめました。より効果的で信頼性の高いアトリビューションと測定、そしてコンシューマー・ジャーニーの全体像を把握するためには、IDFAの依存から脱却する必要があることをいぜんから知っていたのです。

Kochavaでは、マーケティング担当者が保有するデータで消費者を特定するのに役立ついくつかのソリューションがすでに用意されています。 IDFAの制限に関して、消費者のプライバシーを維持し、場合によってはオーディエンスの理解を高めるために利用できるソリューションのリストを次に示します。

アイデンティティー・ソリューション

私たちはIdentityLinkTM(※)というハッシュ化されたEメールなどの他のユーザー識別子を使用するアイデンティティー・ソリューションを提供しています。これにより(端末識別子がなくても)消費者のタッチポイントを紐解き、マーケティング担当者の既存のデータセットを検証済みの自社データで拡充させることができます。

また、ハッシュ化されたEメールと端末の結びつけ、世帯別のデバイス管理、その他のファーストパーティIDを利用したアイデンティティー・ソリューションとアトリビューションを行うオプションも存在します。これらはマーケター、パブリッシャー、パートナーにとって非常に価値があり、ファーストパーティーのデータセットを活用できるツールも複数用意しています。
※IdentityLinkTM: https://www.kochava.com/identitylink/

詳細設定が可能なアトリビューション

IDFAの取得率が低下することで、FigerPrint計測への依存度が高まります。FingerPrint計測はデバイスIPとユーザーエージェントを用いた計測なので、IDFAで計測するよりも精度が落ちてしまいます。しかし、Kochavaではアトリビューションの設定を詳細に変更できる(※)ため、FingerPrint計測とはいえ高い精度を維持したアトリビューションを実現できるのです。
マーケターはキャンペーンやクリエイティブ単位でアトリビューション期間(Lookback Window)を変更できます。また、時間・分単位で詳細な調整が行えるため、クリックとコンバージョン間の緊密な相関によってアトリビューションの因果関係が保証されます。
※Kochavaのアトリビューション設定: https://www.kochava.com/configurable-attribution/

アトリビューションの設定を変更できるということは、フラウドの防止にもつながります。フラクショナル・アトリビューションやウェイト・アトリビューション(ユニークリーチvsフリークエンシーの処理)を有効化することで、あらゆる通信をコントロールできます。これにより、ブラックボックスの提案ではなく、きちんと可視化されたマーケティングの提案が可能になります。

フラウド防止の強化

Limit Ad Tracking(LAT)が登場したことをきっかけに、IDFAが取得できないデバイスの数が増えると、iOSキャンペーンがアトリビューション・フラウドに対して脆弱になることが確認できています。クリック・フラッディング(Click Flooding)などのフラウドはコンバージョンを盗むためエコシステムに攻撃を仕掛けます。アトリビューション期間を厳しく設定するだけでなく、Kochavaの洗練されたフラウド防止ソリューション(※)の実装によって、そのようなフラウドやLATの悪用に端を発する他の種類のフラウドからもiOSキャンペーンを保護することができるというわけです。アトリビューションデータをクリーンで正確に保つことで、十分な情報に基づいたキャンペーン戦略を続けることができるのです。
※Kochavaのフラウド対策ツール: https://www.kochava.com/mobile-ad-fraud/

プライバシーの重視と同意

ユーザー同意の取得・管理のために設計されたKochavaのIntelligent Consent Manager(※)は、IABのCCPA準拠フレームワークを使用して構築され、Appleの新しい消費者プライバシー・イニシアティブと並行して機能します。
※Intelligent Consent Manager: https://www.kochava.com/glossary-icm/

リエンゲージメントの再考

有料のリエンゲージメント・キャンペーンは非常に人気の高いマーケティング手法ですが、オーディエンスのセグメンテーションに端末識別子が用いられているためIDFAへの依存度が高い状態です。有料のリエンゲージメント・キャンペーンに変わり、プッシュ通知、アプリ内メッセージ、EメールまたはSMSを介してオウンドメディアでのリーチへシフトを検討しましょう。Kochavaはネイティブなエンゲージメント機能を提供しているため、IDFAが取得できない場合でも特定のセグメントへリエンゲージメントを働きかけることができます。さらに、ウォールド・ガーデン(GoogleやFacebook等)の場合はIDFAに頼らずターゲティングできるため、マーケターにとって貴重なリソースと言えます。

広告の新しい道

私は常々混乱からチャンスが生まれると考えてきました。Kochavaでは今回の変化をイノベーションのチャンスだと捉えており、新しい方法でのマーケティング・ソリューションを継続的に構築および強化しています。広告キャンペーンの洞察の必要性を背景として Kochavaは設立された2011年より、私たちはマーケターのために仕事に取り組んできたのです。 IDFAの喪失も例外ではありません。私たちはプライバシーを第一に考えながら常に進化・成長し、エキサイティングな新しい方向で業界をリードし続けていきます。

Kochavaをご利用の皆さまはその恩恵を受けることができます。変化の時代ではありますが、弊社のCSMチームが皆さまをしっかりとサポートします。

Kochavaのパートナーの皆さまも同様です。お互いにとって魅力的な新しいイニシアティブをいくつも用意しています。Kochavaの問い合わせ窓口へご連絡ください。

現在Kochavaを利用されていない皆さまには、ぜひ弊社のサービスを体験してみてほしい。Kochavaは長年に渡り顧客のために違いを生み出す企業であり続けてきました。不透明なエコシステムの中で、透明性をもって仕事ができる環境を提供いたします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]