モイが「ツイキャス」の音声SNS機能を強化、新機能「ツイキャス・コール」の展開開始

最大100人の「リスナー」参加の会話配信が可能、インタラクティブな配信を気軽に実現
よろしければこちらもご覧ください

ライブ配信サービス「ツイキャス」を運営するモイは、ツイキャスの音声SNS機能を強化し、新機能「ツイキャス・コール」の展開を始めた、と5月26日発表した。配信者が「ホスト」になり、最大100人の「リスナー」が参加して会話が配信できる。視聴者と直接対話したり、視聴者参加型イベントの実施が可能になったりする。

ツイキャス・コールは、インタラクティブな配信を気軽に実現する機能。1つの配信に100人まで同時に音声で参加し、ホストや他のリスナーと会話できる。視聴者はライブ配信でリクエストを送ってホストに承認されると、音声で参加可能になる。ホストは、会話に参加するリスナーを配信スタイルに合わせて自由に選択できる。

ツイキャスでは、通話アプリなどを介して複数人が1つの配信に参加し、会話の様子を見せるスタイルが定着。しかし通話アプリでの事前のコンタクトや音声を配信にのせるツール設定が必要で、準備が煩雑だった。ツイキャス・コールはこうした問題を解決。他のアプリやツールを使うことなく、その場で複数人の会話が楽しめる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]