スマートフォンの所有率、最新調査でついに90%を突破【ドコモ・モバ研調べ】

10年前のスマホ所有率はわずか4%。そこから順調に市場を拡大。
よろしければこちらもご覧ください

NTTドコモ モバイル社会研究所は、「スマートフォン・ケータイの所有」に関する調査結果を発表した。「2021年一般向けモバイル動向調査」の結果をもとに、スマートフォンの所有率を算出した。スマートフォンまたはケータイを所有する8,837人が回答した。

順調にシェアを拡大し、10年でスマホが市場を制覇

2021年1月の調査によると、日本国内のスマホ・ケータイ所有者のうち「スマートフォンを所有している」とした人は92.8%だった(1台目もしくは2台目にスマートフォン所有と回答)。スマートフォンの所有比率は、2010年には4%程度だったが、2015年に半数を超え、今回初めて9割台に突入した。

ケータイ・スマートフォン所有者のうちのスマートフォン比率

 

2010年当時の市場だが、前年2019年にアップルより「iPhone 3GS」が登場。Android端末では2010年4月に「Xperia SO-01B」が、10月に「IS03」が発売され話題となっていた。携帯電話はカシオ、京セラ、シャープ、東芝などの国内メーカー製品が広く流通していた。

ソニー「Xperia SO-01B」サイト

 

シャープ「IS03」サイト

 

調査概要

  • 【調査対象】全国・15~79歳男女(スマートフォン、携帯電話の所有者)
  • 【調査方法】Web
  • 【調査時期】2021年1月
  • 【有効回答数】8,837人(QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・都道府県のセグメントで日本の人口分布に比例して割付)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AOSSL
「Always on SSL(常時SSL)」の略。 基本的にサイトは非HT ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]