電通デジタルがヒトクセとダイナミッククリエーティブバナー広告制作・配信提供開始

「バナーレボリューション」、複数の独自テンプレートで迅速に低コストで制作が可能
よろしければこちらもご覧ください

電通100%子会社でデジタルマーケティング関連事業の電通デジタルは、デジタル広告サービス運営のヒトクセと共同でダイナミッククリエーティブバナー広告の制作・配信ソリューション「バナーレボリューション」を開発し、4月27日に提供を始めた、と同日発表した。複数パターンの独自表現のテンプレートによって、従来より迅速に低コストでダイナミッククリエーティブバナーが制作できる。広告配信プランの全体設計からバナー広告制作、配信、レポーティングまでの一括提供も可能になる。電通デジタルがプランニングと制作、ヒトクセが配信を担当する。

 ダイナミッククリエーティブは、ユーザーのサイト閲覧履歴や広告の配信環境に合わせて表現を動的に変化させる手法で、注目されている。アニメーションを活用したバナー広告の制作・配信には、通常のバナーより開発費や開発期間がかかるうえ、最終表現が完成までイメージしにくい課題があった。バナーレボリューションは、閲覧する時間帯に応じて表現が変化するバナーや、双方向に反応するバナー、商品の人気投票ができるバナー、リアルタイムに情報更新するバナーなど11種類のテンプレートを用意した。画像やテキストを差し替えて制作・配信できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]