クラリオンが39言語44サイトを7か月で展開、SDLのCMSと翻訳を活用

ローカリゼーションプロセスを一元化して短期間でのグローバル展開を実現
よろしければこちらもご覧ください

多言語翻訳とグローバルコンテンツ管理のSDLジャパン(本社英国)は、同社のグローバルWeb管理ソリューションの「SDL Web」と翻訳ソリューションを、クラリオンがグローバルWebサイト構築に採用し、クラリオンの39言語・44 Webサイトの展開を7か月で実現したと5月10日に発表した。

クラリオンは日立グループの連結子会社。SDL Webを採用したことにより、グローバルサイトにおけるローカリゼーションプロセスを一元化して効率化したという。

具体的には、まず日本語と英語のサイトをリニューアルし、その後7か月で44サイトに展開した。各国のマーケターに制作と編集の権限も与えながら、短期間での各国へのWebサイト展開を可能にしたという。

クラリオンは、さらにカスタマーエンゲージメントとデジタルエクスペリエンスを向上させるため、アジアおよび北南米の言語の翻訳にSDLの翻訳サービスを採用。多言語翻訳のさらなる効率化のため、SDL Webと連携した翻訳管理システム「SDL WorldServer」の導入も開始した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]