Urchinの開発終了をグーグルが発表 既存ユーザーはGAへの移行を推奨

Urchinの新規ライセンス販売も2012年3月28日をもって終了となる。
よろしければこちらもご覧ください

グーグルは、インストール型のアクセス解析ソフトウェア「Urchin(アーチン)」の開発終了を1月20日に発表した。Urchinはバージョン7.200が最終版となり、以後の更新は停止される。また、Urchinの新規ライセンス販売も2012年3月28日をもって終了となる。

UrchinはGoogleアナリティクスの元となった製品。グーグルに買収されGoogleアナリティクスがリリースされた後も、Urchinはサーバーインストール型のアクセス解析ツールとして提供され、主に金融系や行政機関などのようなアクセスデータを外部に送信できない組織のWebサイトなどで利用されてきた。

グーグルによると、Urchinはその製品ライフサイクル終了の時期になったとのことで、今後は開発リソースなどをGoogleアナリティクスに集中させるとのこと。

過去にライセンスを購入して利用しているUrchinについては、開発終了後も引き続き利用できるが、解析サーバーを変更するなどする場合はライセンスキーを再発行する必要がある。

グーグルは既存のUrchinユーザーにGoogleアナリティクスへの乗り換えを推奨している。ただし、現在のところUrchinで過去に分析したアクセスログのデータをGoogleアナリティクスに移行する手段は用意されていないため、過去のデータに関してはCSVやExcelなどのUrchin以外のツールで閲覧できる形式に出力していることを推奨している。

日本では株式会社ラネクシーがUrchinを公式に販売してきたが、日本での詳細な予定については確認中。

・Urchin7(株式会社ラネクシー)
http://www.runexy.co.jp/enterprise/urchin/outline/

・Urchin終了のアナウンス(Google Analyticsブログ、英語)
http://analytics.blogspot.com/2012/01/end-of-era-for-urchin-software.html

・Urchin終了に関するFAQ(英語)
http://www.google.com/urchin/faq.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]