電通とマイクロソフト、ソーシャルメディアマーケティング分野の業務提携で合意

提携の第1弾で「Facebook」向けコンテンツ管理ツール「sociobridge」の提供開始
よろしければこちらもご覧ください

電通グループと日本マイクロソフトは、ソーシャルメディアマーケティング分野で業務提携することで基本合意した、と10月26日発表した。マイクロソフトのクラウド基盤「Windows Azure Platform」上に電通グループが、各種のソーシャルメディアマーケティングソリューションを構築して運用する。提携の第1弾として、「Facebook」向けのコンテンツ管理ツール「sociobridge(ソシオブリッジ)」の提供を同日始めた。

sociobridgeは「Facebookページ」の運用を統合管理する。Facebookページ上で直接操作するより効率的に運用でき、初心者でも容易に利用できるという。Facebookページへの投稿、承認や、投稿された内容の監視、オリジナルページ生成などの機能がある。初期設定費用は8万5000円(税別)、月額はスタンダードプランで8万5000円(税別)。電通は、米Facebookと、Facebook活用マーケティング・サポートで業務提携している。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

日本マイクロソフト
www.microsoft.com/japan/

sociobridge
http://www.sociobridge.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]