アマゾンウェブサービス、東京にクラウド用データセンター「東京リージョン」開設

日本企業向けにコンテンツ配信、データベース運用、コンピュータ処理を提供
岩佐 義人(Web担 編集部) 2011/3/8 23:42

米アマゾン子会社でシステムサービスを行う米アマゾンウェブサービス(AWS)は、東京に世界で5番目のクラウド用データセンター「東京リージョン」を開設した、と3月2日発表した。日本企業向けにコンテンツ配信やデータベースの運用、コンピュータ処理などのサービスをクラウド環境で提供する。

データが国外に出ることがないため、データを日本に保存しておきたい企業のニーズに応えられる。日本語によるサポートも始めた。日本国内から利用する場合、ネットワーク遅延は数ミリ秒となり、従来から大幅に低減するという。

アマゾンウェブサービス
http://aws.amazon.com/jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キャッシュ
一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]