ニフティ、ヤフー、楽天など6社がドメイン認証技術DKIM普及推進のための団体を設立

「Japan DKIM Working Group」に大手プロバイダなど18社が参加
よろしければこちらもご覧ください

インフォマニア、センドメール、ニフティ、パイプドビッツ、ヤフー、楽天の6社は、迷惑メール対策のドメイン認証技術「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」の国内普及推進を目的に「Japan DKIM Working Group(ジャパン・ディーキム・ワーキンググループ)」を設立した、と11月15日に発表した。6社が設立発起人となり、ソネット、NECビッグローブやNTTぷららなどのプロバイダや、シマンテックなどウイルス対策ソフト企業ら18社が参加。総務省や関係協会なども協力団体・オブザーバーとして活動に協力する。

迷惑メールの多くが送信者のメールアドレスを詐称するなりすましメールだが、DKIMではメール送信元ドメインの正当性を証明でき、メール本体の改ざんの検知も可能。技術が普及すれば正当な送信元のメールと詐称メールの判別が可能になり、迷惑メールを排除しやすくなる。

Japan DKIM Working Group
http://www.dkim.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

属性型・地域型JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。正式には「属性 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]