NTTデータだいち、高齢者や障害者が不自由なく使えるサイトか診断するサービス開始

実際にページを操作して対象ページごとにウェブアクセシビリティを調査

障害者雇用の促進を目的にしたNTTデータの特例子会社でウェブ制作のNTTデータだいちは、サイトが高齢者や障害者でも不自由なく使えるか、を調べるウェブアクセシビリティ診断サービスを本格的に始める、と6月21日発表した。NTTデータが2008年から公開しているウェブアクセシビリティチェックサイト「HARELR」で展開してきたノウハウをベースに、NTTデータだいちがアクセシビリティ診断サービスとして実施する。

このサービスは、画像に代替テキストが付いているか、マウス以外で操作できるか、色だけで情報を区別していないか など、専用ソフトを活用したり、診断者が実際にページを操作して対象ページごとに詳細にチェック。診断の概要・傾向レポートと、診断項目ごとの詳細な結果を示す。NTTデータは技術サポートを行うとともに、ウェブアクセシビリティに関するサービスをHARELRソリューションと位置付け、NTTデータだいちと立ち上げていく。

NTTデータだいち
http://www.nttdata-daichi.co.jp/

NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]