KDDIウェブ、ホームページ制作ツール「Jimdo」でユーザー作成テンプレートを配布可能に

ユーザーが作成したホームページのテンプレートを、そのまま自身のホームページで提供できる
よろしければこちらもご覧ください

ホスティングサービス事業のKDDIウェブコミュニケーションズは、同社が提供するオンラインホームページ制作ツール「Jimdo」において、ユーザーが作成したテンプレートを他のユーザーに提供できる「PagePartner」を5月12日に開始した。

PagePartnerでは、Jimdoユーザー自身が作成したJimdoのデザインやページコンテンツを、デフォルトのテンプレートとして提供できる。

テンプレートを提供したいユーザーは、パートナー制度に登録すると発行されるJimdo登録ボックス用ソースコードを自身のホームページに貼り付け、Jimdo登録ボックスを設置する。テンプレートの利用を希望するユーザーは、ホームページにあるJimdo登録ボックスにサブドメイン名とメールアドレスと登録することで、テンプレートを利用できる。

今後は、PagePartnerが作成したテンプレートをJimdoオフィシャルページに集めて提供する予定。サイトに設置したJimdoバナーやJimdo登録ボックスを通して、有料版のJimdoProやJimdoBusinessを申し込んだ場合に、一定の金額をサイト運営者に支払う、アフィリエイト機能の展開も予定している。

Jimdo
http://jp.jimdo.com/

KDDIウェブコミュニケーションズ
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]