M1・F1総研が「若者におけるテレビの存在価値の考察」、若者層のテレビ好きが明らかに

「テレビ番組を見る」が「インターネットをする」を全日で上回る

クロスメディア・プロモーションのMedia Shakersが運営する、20歳から34歳までの若者層のマーケティング調査機関のM1・F1総研は、首都圏在住の20~34歳男女のテレビ視聴について調査を実施。分析レポートVol.12「若者におけるテレビの存在価値の考察」を1月28日に発行した。それによると、「テレビ離れ」していると言われる若者層が平日・休日ともに自宅で最も長く行っていることは、「テレビ番組を見る」で、平日はM1層:30.5%、F1層:31.6%、休日はM1層:35.1%、F1層:34.0%という結果で、いずれも「インターネットをする」を上回った。

また、M1・F1層はテレビを見るのが「好き」とする値も上の世代に比べて高く、リアルタイム視聴時にテレビCMを見ない層は、M1:17.7%、F1:10.5%で、圧倒的に少数派であることも明らかになった。

M1・F1総研
http://www.m1f1.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]