ユーザー属性の分析と閲覧状況の特定が可能な独自アクセス解析ツール「User Insight」を発売開始

よろしければこちらもご覧ください

ユーザーローカルは11月19日、読者の属性やサイト閲覧時の振る舞いを視覚的に調査できるWebアクセス解析ツール「User Insight」(ユーザーインサイト)を発表した。同日づけで発売を開始し、利用価格は月額5万円からとなる。

「User Insight」は、Webサイトを、誰が、どのように見ているかを詳しく分析できる機能を備えたWebアクセス解析型の新しいマーケティング支援ツール。この機能により、Webサイト担当者は、読者の性別や年齢、ネットの利用度などの属性、そして各属性のユーザーがどのようにページを見ているかを直感的に把握することが可能になる。

すでに、同社から提供されている「なかのひと」や「うごくひと」といったアクセス解析ツールと同様に、解析用のタグをサイトに埋め込むWebビーコン方式を採用している。

図1 熟読エリア
ユーザーがページのどこを注視しているかが分かる
図2 読了ライン
何%のユーザーがページのどこまでを読んだかが分かる

「User Insight」のおもな機能

  • ページ内の閲覧状況を視覚的に把握できる「ヒートマップ(サーモグラフィー)機能」
    記事のどの場所がよく読まれているか、何段落目まで何割の読者が読んだのか、どこをクリックしたか、といったことを表示できる。たとえば、よく読まれている場所を赤く、あまり読まれていない場所を暗く表示したり(図1)、読者の50%はどのあたりまで読んでくれたのかといったことが調査可能(図2)。

  • コンテンツの読者の属性を推計する「ユーザー属性分析機能」
    閲覧しているユーザーの属性を推測し、各コンテンツがどんな性別、年代、地域に支持されているかを調査することが可能。ユーザー属性は性別、年代、地域、ネット利用度、サイトへの訪問頻度などで分析できる。

  • そのほかの機能
    • ダッシュボード機能(全体のアクセス傾向を表示)
    • 滞在時間分析機能

ユーザーローカル
http://www.userlocal.jp/

User Insight
http://ui.userlocal.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]