さくらインターネットがネットワーク回線容量を166Gbpsに増強、国内トップに

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、データセンターを支える基幹ネットワークのバックボーンネットワーク回線容量を、146Gbpsから166Gbpsへ増強した、と11月5日発表した。インプレスビジネスメディアのインターネットデータセンター回線総量ランキング調査(今年9月)で同社は2位になっているが、この時点での調査を基にすると、166Gbpsへの増強で同社が国内トップになる。同調査での1位は、USEN BROAD-GATE 02ビジネスiDCの150Gbps超だった。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]