ニフティ、スパムブログのフィルタリング技術を開発

よろしければこちらもご覧ください

ニフティは3月26日、同社のマーケティング分野の社内研究機関「ニフティ研究所」において、インターネット上のさまざまなスパムブログを自動的に判別できるスパムブログのフィルタリング技術を開発したと発表した。

スパムプログとは、アフィリエイトで広告収入を得ることや、特定のサイトへ誘導したりすることを目的として生成されるブログ。特定のキーワードを含む記事やニュースサイトなどから転載した記事を機械的に大量に生成して、各種検索サービスからアクセスされるようにすることもあり、コンテンツとして無意味なものだけでなく、一般のインターネット、およびブログサービスの利用者にとって迷惑になる場合もある。同社が2007年10月~2008年2月に行った調査によると、期間中平均約40%がスパムブログに分類されたという。

今回開発された技術は、複数のフィルタリング技術を組み合わせることにより、各スパムブログの特性に合わせた最適なフィルタリングが可能になります。今後は、この技術をニフティ研究所が提供するブログ評判分析サービス「BuzzPulse」、および「BuzzPulse」のオンラインサービス「BuzzSeeQer(バズシーカー)」に搭載していく予定だ。

また、これらのスパムブログを自動的に判別・フィルタリングする技術も開発したという。

ニフティ研究所
http://www.nifty.com/buzz/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]