ドラマ不振でネット視聴率も低下-ネットレイティングスが2007年11月のネット利用動向調査

よろしければこちらもご覧ください

ネットレイティングスは12月19日、2007年11月度のインターネット利用動向に関する調査結果をまとめた。

調査によると、過去12ヶ月(2006年12月~2007年11月)を対象にテレビ局別の「年間総利用時間ランキング」を算出した結果、NHKが民放各局に大きな差をつけてトップに立った。以下は、2位にフジテレビ、3位にTBSの順。

11月における在京・在阪の主要テレビ局11サイトの総利用時間は 1.85億分で、前月(1.99億分)から7%減、過去1年間で最高となった2007年8月(2.81億分)から3ヶ月連続で減少した。一般的にテレビ局のサイトのコンテンツでは連続ドラマへのアクセスが多く、テレビ番組視聴率と連動する傾向にあり、今回の利用減少は今秋のドラマの視聴率不振が影響していると分析される。

ネットレイティングス
http://www.netratings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]