GMOホスティング&セキュリティが複数ドメイン対応共用サーバー「IISウェブサービス」を強化

GMOホスティング&セキュリティは8月1日、同社ののホスティングブランド「アイル」と「ラピッドサイト」のWindows OSサーバー「IISウェブサービス」のサービスの強化を行ったと発表した。

「IISウェブサービス」は、「Windowsコラボレーションホスティング」のサービスのひとつで、共用サーバーでありながら、複数ドメインの運用が可能なWindowsベースのインターネットビジネスの運用プラットフォーム。今回の機能強化により、利用可能なメール数を増量した。

また、サービスの強化を記念した「Wバリューキャンペーン」を実施。2007年8月1日~23日の間に、「IISウェブサービス」を申し込みしたユーザーを対象に、キャッシュバック金額を通常の2倍にし、高機能メールツール「Exchangeサービス」を、2ヵ月間無料で提供する。

ラピッドサイト
http://www. windows.rapidsite.jp/
アイル
http://windows.isle.jp/
GMOホスティング&セキュリティ
http://gmo-hs.com/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]