“コンテンツ連動型広告+行動ターゲティング広告”の新サービス、cciグループが10月に開始

よろしければこちらもご覧ください

サイバー・コミュニケーションズ(cci)、およびその子会社のクライテリア・コミュニケーションズは6月6日、「ハイブリッドターゲティング」広告の提供を2007年10月から順次開始すると発表した。

「ハイブリッドターゲティング」広告は、NTTデータの日本語意味理解エンジン「なずき」の最適化、および機能の適用範囲を拡大させ、複数サイトに一斉に広域広告配信を行うネットワーク(アドネットワーク)上で、コンテンツ連動型広告サービスに行動ターゲティング広告サービスを融合させた新しいサービス。Webページの内容からの単純な単語の出現頻度情報だけでなく、文章全体の“意味理解情報”も抽出し、人間の感性により近い分析を行うと同時に、利用者の過去の参照履歴や時系列で利用者の志向性の変化を捕捉。これにより、インターネットユーザーの興味関心、意図に基づくターゲティング情報を抽出し、独自のターゲティングロジックに基づいた広告の配信、制御を実現し、精度の高い広告配信が可能となる。
 また、従来のキーワードベース、cookieベースの行動ターゲティングと、これら2つのターゲティング技術の融合により、媒体主・広告主・利用者の志向性に基づく最適な広告掲載の制御が可能となり、従来の技術に加え、インターネット広告の効果をさらに高めた、各種ターゲティング広告サービスを提供できる。

サイバー・コミュニケーションズ
http://www.cci.co.jp/
クライテリア・コミュニケーションズ
http://criteria-com.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]