ピートゥピーエー、双方向会話型のFAQ/広告/マーケティングツールの制作運用ソフトウェア

よろしければこちらもご覧ください

ピートゥピーエーは5月11日、Web上で双方向会話型のFAQや商品紹介広告コンテンツ、マーケティング分析を行うツールなどの構築、運用が簡単に行えるソフトウェア「CAIWA3.0サーバーパッケージ」の販売を開始した。

同ソフトでは、「FAQ」、「広告」、「マーケティングツール」の3タイプのコンテンツの構築が可能。

「FAQ」では、例えば「いつごろ上場する予定ですか?」といった会社概要やサービス等に関するユーザーからの自然文による質問に、自動的に返事を返すFAQコンテンツを作成できる。

また、「広告」では、商品に関する一般消費者の自由質問に音声や動画とともに回答するタイプの「商品説明WEB広告」を実現。

さらに、Webサイトでの「マーケティングツール」が構築でき、双方向会話型コンテンツの特長を生かして、企業のサイトにアクセスしてきた消費者とバーチャルな会話を行いながら、アンケート的な質問形式により、市場情報を収集したり、「FAQ」や「広告」コンテンツにおける、消費者との会話内容、すなわち生の声を収集。これを細かく分析することで、消費者の意識動向などを調査することが可能だ。

パッケージを構成する主要ソフトウェアモジュールは、双方向会話型コンテンツを制作する開発ソフト「DKE」、会話を制御しコンテンツを運用するための「CAIWAサーバー」、アクセスした消費者との会話内容をログとして蓄積し、関心のあるポイントが抽出できる「会話ログ分析ツール」などが含まれる。

ライセンス購入価格は、35万円から。2007年5月10日に販売、2007年5月28日に出荷を開始する。

ピートゥピーエー
http://www.ptopa.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]