Googleが「Google Apps Education Edition」の提供で日本大学と契約

よろしければこちらもご覧ください

Google Inc. は4月3日、「Google Apps Education Edition」を日本大学ドメインで同校学生10万人に提供すると発表した。

「Google Apps Education Edition」は、メール、インスタントメッセージ、カレンダー、検索などのツールを一点に集約させ、どこからでも利用できるアクセスポイント“収束型コミュニケーション”を提供。同サービスには、Gmail、Google Calendar、Google Talk、Start Page、Google Docs & Spreadsheets、Google Page Creatorが含まれる。

日本大学は、当初7学部約3万人の学生を対象にして同サービスを提供し、最終的には全学部の学生に適用する。また、スタートページを学生マイポータルとして利用し、既存システムとの連携を図る予定だ。さらに、同校卒業生を含めた約50万人にも同サービスの適用を計画中だ。

Google
http://www.google.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]