オンライン媒体やポータル向けにクリックトゥコール機能を簡単に導入できるソフトウェア

よろしければこちらもご覧ください

IP電話のソリューションプロバイダーのエムトゥエックスは2月20日、ASPサービス「BIZTEL ウェブ電話」の機能を搭載したAsteriskベースのソフトウェア「BIZTEL ウェブ電話 PRO」の販売を3月1日に開始すると発表した。

「BIZTEL ウェブ電話」は、1月22日にAT-LINK専用サーバ・サービスが提供を開始したWebから簡単に電話をかけられるASPサービス。“クリックトゥコールシステム”と呼ばれるシステムを採用し、ホームページにWeb電話用のアイコンを設置するだけで、無料通話の提供が可能になる。ユーザーはWebサイト上のボタンをクリックし、直接PCの音声デバイスを使って電話がかけられるほか、携帯電話や自宅の電話番号を入力してコールバックさせることで、通話できる。

「BIZTEL ウェブ電話」は、ASPモデルのため、自社で設備を持つ必要がなく、手軽に導入することが可能。また、契約期間は1ヶ月単位からで、短期間の利用にも適している

今回リリースされた「BIZTEL ウェブ電話 PRO」は、おもにオンライン広告媒体や、ポータルサイト、情報サイトなどを運営している企業向けに、同社が開発したAsterisk ベースのソフトウェア。オンライン媒体は、通話ごとの課金(Pay Per Call)を利用した新しいビジネスモデルへの活用や、オンライン広告の効果測定ツールとしての利用も可能だ。

提供価格は、231万円。1ライセンスにつき1サーバにインストールが可能。料金には、「BIZTEL ウェブ電話 PRO」ソフトウェアおよび、専用ソフトフォン、Web電話ソフトフォン、Web電話セットアップツール、ライセンス発行から1年間の保守費が含まれる。2年目以降の保守費用は、年間57万7500円。

BIZTEL PRO
http://biztel-pro.jp/
エムトゥエックス
http://www.m2x.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]