カール、リッチクライアント型Webシステム開発言語「Curl」の無償版を提供開始

よろしければこちらもご覧ください

カールは9月11日、リッチクライアント型Webシステム開発言語「Curl」の無償版「Curl/Personal Ver.5.0(日本語版)」(以下、Curl/Personal)を非商用・個人利用に向けて提供開始した。

「Curl/Personal」は、企業システム向けの「Curl/Pro」をベースとし、機能の一部に制限があるが、それ以外は同等の機能を備えている。

Curl/Personalの提供内容
  • Curl/Personal IDE Ver5.0
    Curlの統合開発環境
  • Curl/Personal サーバーライセンス
    Curl/Personal IDEで作成したCurlアプリケーションをWebサーバーから配信する際に必要となるキーファイル

「Curl/Personal」は同社のWebサイト(http://www.curlap.com)からダウンロードができる。

カール
http://www.curlap.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]