ネットpr とは 意味/解説/説明

用語「ネットPR」が使われている記事の一覧

全 43 記事中 1 ~ 43 を表示中

雨宮 和弘(クロスメディア・コ... 2008/02/25 8:00 (32)(44)

Products Showcase:ライバル会社に差をつけるネットビジネス必携プロダクト
ニュースリリース配信サービス利用ガイド

このコーナーでは、ネットビジネスを強力に支援する製品について、それを支える技術や市場動向を説明し、さらに各社から提供されている製品を紹介する。競合がひしめく市場で、他社に差を付けるための武器として、ぜひ導入を検討してみてほしい。

今回は、企業の情報発信をより効果的にサポートする「ニュースリリース発信サービス」について、そのサービスの背景となるメディアリレーションの変化や今後の動向を踏まえ、各社から提供されているサービスの特徴やメリットなどを説明する。

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

日産自動車株式会社の有するウェブサイトは全世界に渡って80サイト以上にも達するそうです。それらのウェブサイトを通じて、それぞれの国、地域で独自の情報発信をしています。

今回は、オンラインマーケティングにおいて多くの話題を集めている日産自動車の販売促進からのアプローチと、公式ウェブサイトにおけるコーポレートコミュニケーションのアプローチ、そして対マスコミを担当している広報の3人の方にご登場いただき、それぞれの立場からの現在の取り組みと次の課題についてお話をお伺いしました。

ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

受験生やその保護者をはじめ、絶大なる認知をもつZ会。しかし、いまの若い人たちにとってZ会といえば「Z会ブログ」というほど、オンラインでの存在感を増しています。DMやTVCMといった従来のマーケティング手法から、ブログをはじめとするCGMの積極活用で、受験生に圧倒的に強いブランドを保持し続けているZ会のオンラインでの取り組みについて、お話を聞きました。

ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

社員数2000人以上の日本オラクル。しかし同社はワールドワイドで「PR 2.0」を掲げ、ブログやYouTubeを活用したコミュニケーションを実践している。

従来型のマスメディア向けの広報に加えてPR 2.0を実践するようになった現場に、変化への対応と、具体的なアクションや課題について聞いた。

ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

NECのコーポレートサイトを統括しているのは、カスタマーリレーション推進本部。また一方、グループ企業の1社であるNECソフトでは、人事総務部秘書広報室と営業本部営業推進グループがウェブを担当しています。

多くのステークホルダーとダイレクトに結びつく企業サイトは、大組織の中でどのように位置づけられ、運営されているのでしょうか。NECとグループ企業のネット戦略の現状と課題についてお話をお聞きしました。

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

インターネットの初期から注目を集めているコンテンツの1つが、不動産情報。「イエラボ」「みんなの住まい」「イエはてな」など、いち早くユーザーとのコミュニティサイトを開設するなどして注目を集めている三井不動産レジデンシャルは、ネットだからといって短期的な費用対効果ではなく、長期的な視点での施策を実施している。その考え方や哲学とは?

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

富士フイルムと富士ゼロックスの2社の持株会社として、富士フイルムホールディングスが誕生したのは、2006年のこと。新社名に合わせての複数ウェブサイトの刷新は、壮大なプロジェクトだったと思います。特に、B2Cでの化粧品事業への参入やB2Bでの医療分野などの拡大や新分野への進出で、ウェブサイトでの情報発信やコミュニケーションの内容も大きく変わってきます。

今回の取材では、長年、富士フイルムのウェブサイトの運営に関わってきたインターネット室の安東氏と長谷川氏にお話をお聞きしました。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

今すぐにでも始められるリンク獲得の7つの手法

Moz(旧SEOmoz) 2008/04/16 9:00 (61)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

多くのリンクを獲得するのにきわめて有効な1つの方法は、大規模なメディアキャンペーンを展開することだ。これは、サイト運営者が有名ブランドの場合には特にうまく機能する。

では、有名ブランドでなければ? その場合は、残念ながら不利だと言わざるをえない。では、この手が使えないとしたら、その代わりに何かできることはないか、そして勝利を手にする方法はないか考えてみよう。大企業でなくても、何か方法があるのが今日のウェブの利点の1つだからね。

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

ユーザーのクチコミ情報を中心に構成されているサイトも随分増えてきました。その代表的なサービスの1つが、今回お話を伺ったフォートラベル。

インターネットでユーザー参加型のメディアを運営することは、メディア運営はもちろん、サービスの運用という視点もとても重要です。特にこの数年のインターネットユーザーの増加と同時に、フォートラベルでもユーザー数はもちろん、クチコミによる情報量も飛躍的に増加しています。その急成長の中、Web 2.0の注目企業として、多くのメディアに注目をされているフォートラベルのPR活動についてお話を伺いました。

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

広告効果測定ツールとして有名な「アドエビス」を提供しているロックオン。2006年9月には、ECパッケージ「EC CUBE」をオープンソース提供するなど、新しいスタイルでオープンソースの事業化にも挑戦中です。

マーケティングのプロ向けのサービスとネットの住人であるプログラマやエンジニア向けのサービス。大きくターゲットの異なるこの2つの商品別のマーケティングについて、ロックオン代表取締役の岩田進さんと、EC CUBEのマーケティング担当の中田さんにお話を伺いました。

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

1971年創業のジャスダック公開企業であるサン電子は、パチンコ関連、情報通信関連、ゲームソフト関連の3つの事業を展開しています。

今回の取材にあたって、国内初のブロガーリレーションを活用したマーケティングを実施したのもサン電子だったということを知りました。いつも新しいことに積極的にチャレンジしているサン電子のインターネットを活用したマーケティング。現場の最前線で新しいチャレンジを続けている同社のコンシューマー向けサービスや製品を統括しているサンソフトユニット戦略部の水野氏と原氏にお話を聞きました。

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

1937年創業の奥本製粉株式会社。現在の社長は三代目という、創業から70周年を迎えた老舗企業です。小麦粉中心のB2Bビジネスが主体だった奥本製粉が、2007年の春から楽天市場に出店し2回目のECに挑戦しています。

採用から自社ウェブサイトの運営とECサイトの店長までこなしている奥本製粉の通信販売部の原田さんに、歴史あるB2B企業のインターネット活用と現状についてお話を聞きました。

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

長崎県では、県外に向けて積極的に情報発信をしていくためにウェブサイトをはじめ、さまざまなPR活動を展開しています。

同じ九州にある宮崎県が、東国原知事のキャラクタで一気に知名度を上げたのはご存知のとおり。地方自治体の広報広聴活動の実際について、長崎県庁のみなさんにお話をうかがいました。

今日は、「マーケティング」と「広報」の境目がなくなっているという話を。

「マーケティング」「マーコム」「宣伝」「広告」「広報」「PR」「販促」、それぞれの用語が何を指すのか、あなたは説明できますか? おそらく、人や会社によって微妙に違うことでしょう。それが最近、さらに区別が難しくなってきているのです。

PR 2.0の現場から

広報とマーケティングの境目があいまいになりつつある「今」の現場を訪ねるこの連載、今回伺ったのは、国産アクセス解析ソフト「Visionalist」で有名な株式会社デジタルフォレスト。アクセス解析ソフト「Visionalist(ビジョナリスト)」の開発だけでなく、ウェブコンサルティングや「WebマーケティングROI Day」というイベントを通じて、企業のウェブマーケティングを幅広く支援している会社です。

今回は、ウェブマーケティング、特に「ROI(費用対効果)」のプロフェッショナル集団であるデジタルフォレストの「ネットPR」活動について、ビジネスディベロプメントグループ セールス&マーケティング部の橘 綾子さんにお話を聞きました。

ネットPRのスペシャリストを育成する講座「ネットPR大学」をニューズ・ツー・ユーが2009年2月から開催している。主催はニューズ・ツー・ユー、協力を同社グループでネットPR戦略コンサルティング事業のレゾンが行う。

初級~上級までの講座で、インターネット時代の広報担当者に必要な知識を伝えるネットPR大学は、「企業活動を自社で効率的かつ効果的に企画実行するためのノウハウを提供する場として開講しました」という。

Moz(旧SEOmoz) 2008/09/26 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

今回は、企業や個人の評判に対する特に致命的な攻撃について書くことにしよう。これは最近見られるようになった現象で、対処するのが非常に難しいものだ。「ウィキペディアの悪循環」とでも呼ぶのがいいだろうか。オンラインとオフラインがおかしな悪循環をすることで、悪い評判が定着してしまう事象だ。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

最近ネットで有名になることを目標にしている痛いやつが多すぎないか?

Moz(旧SEOmoz) 2008/03/24 9:00 (34)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

リー・オデン氏が書いた「SEO業界における知名度に関する誤った考え」という記事がある。

そこでは、有名になって何をしたいのかという考えもないのに名声を得るという目標を追求することが、なぜ非常に危険なのかを説明している。

非常に優れた内容なので紹介するとともに、このテーマは割と興味深いものなので、これに関して僕の意見も付け加えたいと思う。

Moz(旧SEOmoz) 2008/12/10 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

ディスプレイ広告は興味深い。出来の良い作品には心を刺激する力があるが、その成否を測るのは時に難しい。

この記事では、さまざまなネット広告やネットPR、さらにはオフライン広告の効果測定について解説していく。まずは、バイラルマーケティング、クチコミ、オンラインのPRキャンペーンにおける広がりと効果の追跡に関してだ。

鈴木 謙一 2009/04/24 10:00 (35)

1週間のSEO/SEM情報をさくっとまとめるこのコーナー

今回はグーグルの「キーワード最適化ツール」、スモールキーワードを意識した文章の書き方、ヤフーに特徴的なSEO要因、クリック率向上のための改善手法、ツールバーPageRankの表示など10記事。

Moz(旧SEOmoz) 2008/12/11 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

前編に続いて、後編では、オフライン広告やディスプレイ広告の効果をオンラインで測定する指標、さらには、オーガニック検索と検索広告、そしてオンラインとオフラインのディスプレイ広告やPRにおける、相乗効果の測定を解説する。

クイズです。「広報」を意味する「PR」は、何の略でしょうか?

辞書の意味でいくと、「Public Relations」ですね。「広報」という日本語からもイメージしやすいと思います。しかし、インターネットが普及するまでの広報担当者の仕事は、どちらかというと「Press Relations」、つまり報道などのメディア関係者とのやりとりが中心でした。そして、最近では「PR」が意味するものはさらに変わってきていて……

寺西隆行【Z会】 2009/02/11 22:34
PRは誰かの仕事じゃないっ。 自分の作ったものを売りたい!というのであれば、自分自身でPRするのがフツウじゃない? その気持ちがない人は、自分で作り上げた商品・サービスにほれ込んでいないんじゃない? 自営業の商店主は、みんなお客さんを自分で呼び込んでいますよ、「へ~い、いらっしゃい!」と。
@Press運営事務局 2011/02/14 23:17
世界一の発行部数を誇る読売新聞、そして月間3億7,580万PV(2010年11月時点)と国内ニュースサイトで最大級のPV数を誇る「ヨミウリ・オンライン」。今回はそんな「ヨミウリ・オンライン」を担っている、読売新聞 メディア戦略局 IT事業部次長の西島 徹氏をお招きし、“取材・記事掲載率を高める新聞社へのアプローチ方法”を具体的な実例を交えて伝授いただきます。 詳細・申込みはこちら( https://www.miraiz.bz/Seminar/SeminarRead/seminar_id/161/spcode/0215w )。
@Press運営事務局 2011/01/13 20:51
「Web担当者Forum」の名物編集長 安田 英久氏をお招きし、『記者の目に留まる・掲載されるリリース』や『検索エンジンで上位に表示させる』ためのノウハウなど、プレスリリースから得られる成果を現状よりもさらにアップさせるためのヒントをご紹介します。

ネットPRのニューズ・ツー・ユーは、同社が展開しているWebマーケティングセミナー「ネットPR大学」で、Webサイトのディレクション担当者を対象にした全3回の講座「WebディレクターのためのネットPR(中級)Webディレクターのための理論的なWebサイト設計とアクセス解析による検証法」を7月10、17、28

アシストは10月5日、企業ウェブサイトを最適化・活性化するための実践セミナーを大阪で開催する。セミナーの参加費は無料、事前登録制で定員は80名。セミナーでは、24時間眠らずにフル稼働し続ける営業担当者、すなわち企業Webサイトを中心としたPR・Webマネージメントに絶対欠かせない、管理・運用 、効果測定、コンテンツという3つのカテゴリに焦点を当てて、それぞれの基本知識、活用のポイント、具体的事例とあわせて現場担当者を支援するソリューションを紹介する。

企業Webサイトはあればよいという時代から、現在では重要なコミュニケーションツールとなりました。しかし、Webサイトの運営管理方法には、明確な基準がなく各社とも手探りで進めてきたのが現状と言えます。 本セミナーでは、企業Webサイトのマネジメント全体像を4つのカテゴリに分けて、各分野の著名人が「Webマネジメント」の要点を分かりやすくご紹介します。

ネットPR事業のニューズ・ツー・ユーは、7月10日に東京・六本木アカデミーヒルズで開催する同社主催イベント「ネットPR Day 2013」の基調講演テーマ「EC=MC Every Company Is A Media Company~すべての企業がメディア企業に~」を発表した。米国通信社、PR Newswireのディレクターが基調講演。

本セミナーでは、2013年度の「デジタルPR」を展望し、そのゴールデンスタンダードに必要な要素は何か、国内最大の総合PR会社としてPRのデジタル化を担うプラップジャパンと国内最大のソーシャルメディア解析ツール「口コミ係長」をもつホットリンクが様々な事例から紹介します。

ネットPRサービス「News2uリリース」の利用企業のなかから、優れたネットPR施策を展開した企業を毎月1社選考して表彰する。2015年1月の受賞企業は、株式会社Z会。年度末には「年間ベスト ネットPR大賞」を選出する。

ネットPR事業のニューズ・ツー・ユーは、マーケティング・PRイベント「ネットPR Day 2012」を6月19日に東京で開催する。

ネットPR事業のニューズ・ツー・ユーは、「ソーシャルメディア時代のネットPR最新事例」と題したネットPR事例セミナーを11月18日に東京で開催する。

ネットPR支援のニューズ・ツー・ユーは、企業の広報、マーケティング、宣伝担当者らを対象に、ネットPRをテーマにしたセミナー「『ネットPR Day 2011』change facts into value」を7月6日、東京都千代田区で開く。

ネットPR事業のニューズ・ツー・ユーは、企業の広報、マーケティング担当者、ウェブマスターらを対象にしたセミナー「ソーシャルメディアで変わるネットPR」を11月14日に東京都港区で開催する。

ネットPR事業のニューズ・ツー・ユーは、メールコミュニケーション事業のアルトビジョンと共同で「顧客コミュニケーションの最適化」セミナーを11月2日、東京都中央区で開催する。ネットPRとメールマーケティングの最新手法を、豊富な事例を交えながら紹介紹介。

ビルコム株式会社  2013/03/13 20:37
「新年度からすぐ使えるPR手法とは?60分で学ぶ、次世代WebPRの最新トレンドと対策」と題した勉強会を開催します。2013年3月21日、六本木にて。

ネットPRのニューズ・ツー・ユーは、企業広報とIT利用の現状を把握するために実施した「ネットPR実態調査2008」の結果を5月25日に発表した。それによると、企業の広報体制は過半数の57%が「他の業務と兼任」で、68%が「プレスリリースを自社のウェブサイトに公開」していると回答した。

ネットPRのニューズ・ツー・ユーは、企業のマーケティングや広報担当者を対象にしたWebマーケティング勉強会「ネットPR大学」を2月17日に東京都千代田区の同社で開講する。

ネットPR支援のニューズ・ツー・ユーは、ネットPRをテーマにしたセミナー「ネットPR Day 2013」を7月10日に東京都港区で開催する。2013年のテーマは「ネットPRのグローバル・トレンド~ネットPRの日米格差を検証する」で、日本のネットPRの実情を見直し、あるべき姿、グローバルで通用するネットPRとは何かについて、国内外のオピニオンリーダーが考える課題と未来、および国内最先端のネットPR活用事例を紹介する。セミナーは7月10日(水)に開催。参加無料。サイトから申し込む。5月下旬に申し込み開始予定。概要は次の通り。

日時:2013年7月10日(水)
場所:六本木アカデミーヒルズ49 タワーホール(東京都港区六本木6-10-1)
内容:「ネットPRのグローバル・トレンド~ネットPRの日米格差を検証する」
詳細・申し込みサイト:

ネットPR支援のニューズ・ツー・ユーは、米国デラウェア州に100%出資子会社の「News2u Inc.」を設立した、と2月22日発表した。News2u Inc.の所在地はアメリカ東海岸のデラウェア州。

ネットPR事業のニューズ・ツー・ユーは、同社の会員企業のニュースリリースを紹介するサイト「News2u.net」を11月5日全面的にリニューアルした、と同日発表した。デザインを刷新するとともに、スマートフォンやタブレット端末で閲覧しやすいように最適化した。

ウェブ制作のサイブリッジと、ネットPRのバリュープレスは、ホスティング事業のpaperboy&co.の創業者とともに、ウェブ制作とPRソリューションの新会社、「プレッジ」を設立した、と3月25日発表した。

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

VOC
「顧客の声(Voice of Customer)」の意味。 SNSなどのC ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]