Web担当者・三ノ宮純二

まとめ

ページ

よろしければこちらもご覧ください
ここから始まります
常務「商売にカラクリはつきものうっかりしていたよ」
「良い部下を持ったね鈴木部長」
鈴木部長「は、はあ」
萌絵「田中常務からカニの差し入れですぅ」
剛田剛「なに!カニ!!」
「…カニ…かま?」
常務メモ「カニを売るのはカンニンしたる(笑)田中」

第8回に続く

まとめ

あるネットモールでのこと。そのモールの社長が絶賛したというタラバガニを注文してみました。「定価12,000円」に×がつけられ、「4,800円でお買い得」とあります。さっそく取り寄せて、1.2kgと表示にあった冷凍タラバガニを解凍すると、900gを下回り、単純に25%が水だったと知りました。身はスカスカで味が抜けていたのは「自然解凍」が悪かったのでしょうか。

今回、紙幅の関係で掘り下げてはいませんが、「カニ御殿」はネットのポテンシャルと自社の強みに気がつきそれを活用した優秀な企業であり、アコギな商売をしているということではありません。商売にはカラクリがあります。激安にはそれなりの理由があり、高級品と同等の品質を求める方が間違っているのです。ということを「他人の芝生」ではついつい忘れてしまいます。

IT企業の代表格のようなモールの社長は、カリスマシェフでも料理評論家でもなく、グルメという噂を聞いたことのない「優秀なビジネスマン」です。そんな彼がなぜ、自社のモールに出店する「カニ屋」のカニの味を絶賛したのか? 冷静になればわかることです。これも「カラクリ」です。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]