Webマスターとして強くなるには独立するくらいに収益にこだわるべき

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「Webマスターとして強くなるには独立するくらいに収益にこだわるべき」を公開しました。

###

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。若い時は誰でも一度くらいは言われたことがある言葉に「自分の給与くらいは自分で稼ぐようになろう」というのがあります。技術系の方は分かりませんが、営業上がりの私は若い時、そういわれてました。

若い時はとても給与が安い会社にいたので、「なーんだ。毎月20万円売ればいいんだ」なんて勘違いして上司から怒られたことがあります。自分の給与を稼ぐというのは、自分が販売した商品の利益が自分の給与を含むコストを超えるという意味でした。仮に月額20万円の給与の場合は、社会保険などなど会社が負担する分もあるので、月40万円の利益を売るということであり、年間で5000万円前後は売らないと元が取れないという感じになります。

そこで本題のWebマスターの話ですが、もしWebマスターの方がWebシステムのメンテナンスや部門からのコンテンツの修正だけの仕事をしていたとします。この場合、おそらくWebマスターは利益を生み出すのではなく、コストセンターとして内部処理されていくのだと思います。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_4507

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイバースクワッティング
サイバースクワッティングは、転売などの不正な目的で、ドメイン名を取得・使用するこ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]