WordPressのバックアップ方法、設定例もご紹介

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

私のコラムがデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。興味がある方はご覧ください。

###
WordPressの日本市場のシェアがOSS CMSの中で94%になり、全CMSの中でも64%になりました。
もう圧倒的なシェアと言っても過言でないと思います。

このコラムを読まれている方の中にもWordPress使ってます!という方も多いと思います。

ところでWordPressのバックアップはどうやってますか?

私は心配性なので、必ず2重バックアップをしています。元バックアップベンダーの営業部長としては様々なケースを見ているので、怖さも知っています。

皆さんが知らない意外な事実として、バックアップデータがリカバリしないことがあるのです。

バックアップデータがうまくとれたように見えて、実はとれていなかったことに起因しています。同じバックアップのソリューションを使っていて、バックアップデータの世代によって、リカバリできたりできなかったりすることもまれにあります。

それゆえに私は必ず、以下のルールでバックアップを取ることにしています。

・2系統でバックアップを取る(二つのバックアップ手法を使って2種類のバックアップを取る)(例えば、イメージバックアップでOSから丸ごととるのと、データのみのバックアップの2系統など)

・各バックアップ系統で最低3世代のバックアップデータを保管する

・保管場所は最低2か所に分けて保管する(例えばローカルとクラウドなど)

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2019/08/wordpress-backup/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ASP
「ASP」には、「Application Service Provider」(ア ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]