【Web担当者あるある】Webサイトリニューアルでありがちな失敗例

今回は、なんとなくリニューアルを行い、後から「失敗した!」とならないために、よくある失敗例をご紹介いたします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Webサイトをリニューアルすることになったら、どんなことに期待しますか?

「古臭いデザインを一新して、おしゃれなイメージにしたい!」

「更新しやすい仕組みを導入したい」

「アクセス数がアップして欲しい!」

などなど、いろいろあるかと思いますが、期待した効果を出すためにはリニューアル前から戦略を練っておくことが大切です。

今回は、なんとなくリニューアルを行い、後から「失敗した!」とならないために、よくある失敗例をご紹介いたします。

目次

失敗例1:見た目は良くなったのに、お問い合わせが増えない!

  1. 失敗1の回避ポイント

失敗例2:リニューアルしたら検索順位が下がった…

  1. 失敗2の回避ポイント

失敗例3:リニューアル後、ほったらかしで更新していない

  1. 失敗3の回避ポイント

まとめ

記事の全文はこちらから(無料)↓
【Web担当者あるある】Webサイトリニューアルでありがちな失敗例

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]