今年のGoogle Cloud Next, 本気のGoogleのクラウドはみなに受け入れられるか

今年のGoogle Cloud Next, 本気のGoogleのクラウドはみなに受け入れられるか
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2018年9月19日、20日に東京で開催された「Google Cloud Next '18」。BigQuery、そしてKubernetes、TensorFlowなど新しい技術を生み出し続けているGoogle。しかし、クラウドのサービスとしてはAWS, Azureにだいぶ差を開けられた三番手のイメージが強い状況が続いていましたが、Googleのクラウドサービスに関する本気度が伝わるイベントとなったようです。Googleのクラウドサービスの差別化の切り口はAI。さまざまなオンラインメディアで取り上げられたGoogle Cloud Nextですが、その中から記事をピックアップしてご紹介します。

今年のGoogle Cloud Next, 本気のGoogleのクラウドはみなに受け入れられるか

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]