※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

SNSをここまでうまくビジネスに活用できるというのは、本当に素晴らしいとしか言いようがありません。

IKEAがSwedenのMalmoという町に新店をオープンするにあたり、Forsman and Bodenforsという少しとんがった感じの広告代理店を使ってキャンペーンを打ちました。
やったことはいたってシンプルで、Facebookの写真にタグを付けられる機能を使って、ユーザをちょっと刺激しただけです。

まず、店長のプロファイルを作成し、その後2週間の間に順次写真をアップロードし、最終的に12枚の写真を登録してました。
各々の写真には様々な商品が掲載されており、自分の名前を一番最初にタグ付けした人が、その商品をもらえる、というルールでした。

写真中の商品点数は限られるため、当然のように商品を獲得できなかった人からは、もっと写真を掲載して欲しいという声が高まり、ユーザはキャンペーンページのリンクと写真を自分のページや、news feedに埋め込み、あっという間に何千、何万という人々が、嬉々としてIKEAの新店の宣伝をしまくってくれて、キャンペーンは大成功を収めた次第です。

詳細はこちらのビデオをどうぞ。

と思いましたが、Youtubeから削除されておりました。。
すみません。

また、何かおもしろい事例があれば随時投稿したいと思います。

オープンアソシエイツ BtoBWebラボ
http://www.open-associates.com/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]