SCADA(監視制御およびデータ収集)市場-「2030年末までに204憶米ドルの市場価値に達する予測」ー世界の収益、トレンド、成長、シェア、規模、予測2022-2030年

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年07月31日(土)
Kenneth Research
Kenneth Researchは、SCADA市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年07月 30日 に発刊しました。これは、SCADA市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325611


SCADA市場は、2022年に116憶米ドルの市場価値から2030年末までに204憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に8.3%のCAGRで拡大すると予測されます。

SCADAは、産業オートメーション制御システムであり、さまざまな場所からリアルタイムでデータを収集して、業界全体のプラントおよび機器を制御および監視するために使用されます。SCADAのこれらの機能は、一元化された場所から制御されます。SCADAは、単純な構成から大規模で複雑なプロジェクトに至るまで、あらゆる種類の企業で使用されています。これは、電気通信、石油・ガス精製、輸送、発電所などで使用されています。IEEE、米国規格協会(ANSI)、電力研究所などがSCADAシステムの標準化に関与しています。

成長に影響を与えるマクロ経済指標:
世界のICT商品の輸出(%)、2010ー2017年




ソース:国連貿易開発会議

調査レポートの詳細内容について;https://www.kennethresearch.com/report-details/scada-market/10325611


SCADAは、産業組織がリアルタイムデータを監視、収集、処理し、ローカルまたはリモートの場所で産業プロセスを管理できるようにするソフトウェアおよびハードウェア要素のシステムです。さらに、このシステムを使用することにより、エンドユーザーはマンマシンインターフェイス(HMI)ソフトウェアを介してセンサー、バルブ、ポンプ、モーターなどのデバイスと直接対話し、イベントをログファイルに記録できます。

世界中の技術進歩の成長率は、SCADA市場の成長に大きく貢献しています。今後2年間で、200億を超えるデバイスがインターネットに接続されると推定されています。また、毎秒数百のデバイスがインターネットに接続されており、セルラーIOT接続の合計は2023年末までに34億を超えると予測されます。多数のR&Dおよびテスト、IT、テレコム、インターネットサービスにおける全体的なデジタル変革は、今後6~7年でSCADA市場の成長を後押しすると予測されます。

UNCTADのデータベースによると、コンピューターと家電製品を含むICT商品の総輸出額(パーセンテージ)は香港で最も高く、2017年には51.7%に達しました。同年にICT商品の輸出が最も多かった他の国は、フィリピンが35.7%、シンガポールが32%、マレーシアが31%、中国が27.07%、韓国が24.74%、セントクリストファー・ネイビスが26.5%でした。世界の情報通信技術製品の総輸出シェアは、2016年の11.20%から2017年には11.51%に増加しました。さらに、5Gの展開は、電気通信サービスプロバイダーの間で重要なビジネスの見通しを生み出すと推定されています。

LTEサブスクリプションの継続的な成長は54億を超えると推定されており、5G接続を介した拡張モバイルブロードバンドサブスクリプションは、2023年末までに10億を超えると推定されています。

市場におけるキープレイヤー

SCADA市場における業界のリーダーは、Schneider Electric SE、Siemens AG、ABB Ltd.、General Electric、IBM Corporation、Alstom、Cisco Systems, Inc.、Rockwell Automation, Inc.、Omron Corporationなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

アジア太平洋地域はYokogawa Electric, Mitsubishi Electric, OMRONなどの大手企業の存在により、最も高い市場シェアを保持する

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

アジア太平洋地域は、予測期間中にSCADA市場の最大のシェアを保持すると予測されます。 アジア太平洋地域は、Yokogawa Electric, Mitsubishi Electric, OMRONなどの大手企業の存在により、オートメーション技術の生産拠点となっています。再生可能エネルギー、スマートグリッド、上下水道、および運輸部門は、アジア太平洋地域のSCADA市場の成長を促進すると予想されます。

レポートはさらに、北米で(米国、カナダ)、中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカの他の地域)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン及びハンガリー、スペイン、スウェーデン[ベルギー、オランダ、ルクセンブルク]、NORDIC [ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド]、ポーランド、ロシア、ヨーロッパの他の地域)、アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカ) のY-O-Y成長、需要と供給、新動向と今後の機会などが含まります。

レポートは、SCADA市場によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325611

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]