目標達成を支援する営業予実管理クラウド「GRAPH(グラフ)」を正式ローンチ

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年10月15日(金)
株式会社グラフ
~プロダクト開発および機能拡充への投資を目的に、Coral Capital 他から2,000万円の資金調達を実施~

 株式会社グラフ(本社:東京都港区、代表取締役:藤田 健太、以下グラフ)は、目標達成を支援する営業予実管理クラウド「GRAPH(グラフ)」を9月末正式ローンチしました。また、GRAPHの新機能開発および人材採用への投資を目的に、Coral Capitalおよび日本政策金融公庫から2,000万円の資金調達を実施したことを報告いたします。





■営業予実管理クラウド「GRAPH(グラフ)」とは
 GRAPHは、一流ビジネスチームの営業予実管理を「誰でも、すぐ、簡単に」実現できるツールです。既存の導入ツールやリテラシーに関わらず、導入初月から適切な営業予実管理やその先の目標達成をサポートします。


■開発の背景
 DX(デジタルトランスフォーメーション)への関心は急激に高まっており、営業組織のDXも例外ではありません。営業組織のDXにおける手法の一つは、CRMやSFAといった営業支援ツールの導入・活用です。
 しかしながら、ツールを導入する企業の多くが、うまく活用しきれていない現状があります。煩雑なツール運用を現場に浸透させ、営業成果に繋げることの難しさに直面しています。慣れないシステム構成を1から設計し、ツールへのデータ入力業務を現場に浸透させることは容易ではありません。また、多くの工数をかけて入力したデータからネクストアクションが導き出せず、データが死蔵しているケースも多く存在します。

 GRAPHでは、洗練・厳選した予実データを1日2~3分の入力でリアルタイムに見える化し、営業プロフェッショナルのサポートのもと、ネクストアクションに繋げることが出来ます。
 グラフ代表の藤田は成長企業における営業組織の立ち上げ統括を歴任し、複数のIPO実現に貢献してまいりました。適切な予実管理の実現こそが営業組織DXの肝であるという考えのもと、数多くの営業組織を継続的な目標達成に導いたノウハウをGRAPHに凝縮しました。


■GRAPH 3つの特徴
1.導入初月から簡単にデータを見える化
 GRAPHは導入初日から運用開始可能。また、日々の入力は数値のみで10項目程度。営業担当者一人あたり1日2~3分の入力時間で、予実管理に必要十分なデータを管理可能です。

2.適切な予実管理を実現するダッシュボード
 GRAPHは、洗練された一流ビジネスチームのダッシュボードをプリセット。営業日数に応じた独自の目標進捗率※を管理し、最小限のデータ入力で蓋然性の高い予実管理が可能となります。
※特許出願中

3. 豊富なナレッジで安心のサポート
 多業態での営業管理経験をもつエキスパートが導入から活用定着までを支援。営業マネジメントのエキスパート不在の組織においても、ツール・コンサルティングの両軸で支援いたします。



■追加予定の機能
1. ビッグデータを活用した営業マネジメント支援
 蓄積されたデータの分析や、データに基づいた営業施策の提案をGRAPHが行います。

2. アワード機能
 GRAPHの実績データを基にメンバーを表彰します。「当月売上No.1」や「成長率No.1」等、多種多様なアワードを設定し、トップ層に限らず幅広いメンバーのモチベーション向上につなげます。

3. 他社CRM連携
 他社CRMとGRAPHを連携することで、既に導入しているツールを活かしつつ、日次での緻密な予実管理を行うことが可能です。

 「勝てるチームを作る」をミッションに、今後もプロダクト改善と新機能開発にチーム一同邁進して参ります。

■導入事例紹介
 2021年1月より実施したクローズドテストには10社を越える企業様に参加していただき、全導入企業に有料ユーザーとして継続利用していただいています。

▼ご利用中の医療法人社団活寿会 理事 管理本部長 吉野氏のコメント
なぜGRAPHを導入したのか(導入前の課題)
 以前は、全国に点在する各クリニックにおけるKPIの状況がリアルタイムに把握できず、目標達成に向けた現場の意識も希薄でした。また、週次や月次での予算会議のPPT資料やスプレッドシートなど、KPIを管理する帳票も多く、コミュニケーションコストが課題でした。

導入後の成果
 GRAPH導入後は、各クリニックの売上状況から成約単価・成約率などの日次推移が簡単に見えるので、現場のKPIへの意識は大きく変化しました。また、GRAPHを見れば現在のボトルネックが瞬時にわかるため、経営陣やマネージャーがリアルタイムに施策を検討できるようになりました。

今後の展望(GRAPHに期待すること等)
 GRAPHには、KPIに対する実績値の推移が膨大に蓄積されています。例えば「テレビ広告を打ったタイミングでどの程度数値が改善したか」といったこともわかるので、そうしたビックデータの活用にも期待しています。

■資金調達について
 また、サービスの正式ローンチに伴い、Coral Capitalおよび日本政策金融公庫から2,000万円の資金調達を実施いたしました。今回調達した資金は、プロダクト開発および機能拡充へ投資してまいります。
▼Coral Capital 創業パートナーCEO James Riney氏のコメント



どんな会社にとっても営業や売上は文字通り生命線といっても過言ではありませんが、多くのチームは自社の営業プロセスを可視化し、どこを改善すべきか理解するのに苦労しています
GRAPHは、チームが技術系ではなくてもデータに基づいた意思決定ができるようにするための環境を整えています。藤田さんは、営業組織を率いてきた素晴らしい実績があり、こうしたペインを身をもって感じてきました。藤田さんこそ営業組織のDXという大きなトレンドの「波」に乗る、最も優れた「サーファー」であり、このチャレンジを支援してご一緒できることを大変光栄に思います。


■株式会社グラフ 代表取締役CEO 藤田 健太のコメント



私はこれまで多くの成長企業において、立ち上げ直後の営業組織が継続的に目標達成する「勝てるチーム」へと成長する過程を経験してきました。 
勝てるチームの構築にあたっての最重要課題は、目標に向けた現在地を常に適切に把握(=予実管理)し、達成に向けたアクションを日々検討・実行することです。
GRAPHは、複雑なツール設計や煩雑な入力を必要とせず、誰でも「すぐ、美しい」営業予実管理を実現できるSaaSです。また、営業を熟知したプロフェッショナルが、予実管理の定着とその先の目標達成までクライアントに伴走します。
GRAPHを通じて、勝てるチームを世界中に量産していきたいと考えています。

■チームメンバー


左からインサイドセールスの西宮、COOの飯塚、CEOの藤田、カスタマーサクセスの島田、CTOの中本


■会社概要
名称:株式会社グラフ
設立:2020年11月2日
代表取締役:藤田 健太
住所:東京都港区六本木7丁目8−6 AXALL ROPPONGI 7階
公式HP:https://graphapp.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]