JPRSが「JPRSサーバー証明書発行サービス」開始、申請取り次ぎ・認証・発行を国内事業者で提供

サーバー証明書の提供がドメイン名やインターネット全体の安全性向上に寄与

ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)運用の日本レジストリサービス(JPRS)は、Webサイトの認証や通信の暗号化に用いるサーバー証明書を発行する「JPRSサーバー証明書発行サービス」を4月26日より提供開始する、と同日発表した。JPRSでは、サーバー証明書の提供がドメイン名やインターネット全体の安全性の向上に寄与すると考え、JPRSサーバー証明書発行サービスを提供することにした。証明書の発行にあたっては、JPRSと契約した国内事業者が申請を取り次ぐため、申請の取次から認証、発行までを国内事業者のみで行うサーバー証明書の提供が可能になった。

JPRSサーバー証明書発行サービスにおいて、JPRSはルート認証局であるセコムトラストシステムズと提携し、中間認証局となることでJPRSが認証するサーバー証明書を発行する。提供を開始するサーバー証明書は証明書に記した企業・組織がドメイン名の登録者であることとその企業・組織が法的に実在することを認証する「組織認証型」と、証明書に記したドメイン名と証明書が発行したドメイン名が同一かを認証する「ドメイン認証型」の2種類となる。

日本レジストリサービス
https://jprs.co.jp/

JPRSサーバー証明書発行サービス
https://jprs.jp/pubcert/

セコムトランスシステムズ
http://www.secomtrust.net/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]