アルファサード、WebサイトのJIS X 8341-3適合を支援する「PowerCMS 8341」の提供を開始

公的機関では、2014年度末までに準拠することとされているため、対応を本格的に支援
よろしければこちらもご覧ください

Web制作のアルファサードは、Webページがアクセシビリティ「JIS X 8341-3:2010」達成基準に適合しているかどうかをチェックするプラグイン「PowerCMS 8341」の提供を12月1日から開始する、と11月19日発表した。JIS X 8341-3:2010は、「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェアおよびサービス-第3部:ウェブコンテンツ」を示した基準で、国および地方公共団体等の公的機関では、2014年度末までに同基準の等級AAに準拠することとされているため、対応を本格的に支援するソリューションを提供することにした。

PowerCMS 8341は、Movable Type / PowerCMSで構築・運用しているWebサイトをJIS X 8341-3に適合するための試験と、改修を支援する機能を提供する。適合判定や機械的にチェックできない項目についての注意喚起、機械的に改修できる部分の自動改修を行うほか、評価のプロセスから適合試験のエビデンス(根拠)を残す機能がある。等級A、AAの38項目のうち、26項目について適合もしくは対象外(N/A)の判別が可能で、3項目についてはエラーの判別ができる。Webページや記事については、共通テンプレートを除いた純粋なコンテンツ部分の評価が可能となっている。

アルファサード
http://alfasado.net/

PowerCMS
http://www.powercms.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]