ビットアイル、SAP向けインフラサービス「エントリーパッケージfor Social」を9月1日に提供開始

低コスト・短期間でSAP参入したい業者向けのパッケージ
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンターのビットアイルは、ソーシャルアプリケーションプロバイダー(SAP)向けに特化したインフラサービス「エントリーパッケージfor Social」を9月1日に提供開始する、と8月9日に発表した。新規にSAP参入する事業者や低コスト・短期間で新サービスを開始したいSAP 向けに必要な機器、ネットワーク、運用サービスなどのインフラをパッケージ化したサービス。専用物理サーバーで運用し、大量のトラフィックが発生しても安定した通信が可能なインターネット接続環境を提供する。ファイアウォールやロードバランサー昨日は標準搭載。各機器の監視や障害対応も行うほか、データセンター外からサーバーメンテナンスもできる。オプションとして最大10台までのサーバー追加や、通信可能帯域のアップグレードを用意。契約は最低3ヵ月から。利用申し込みから10営業日で利用開始できる。料金はサーバー3台の基本パッケージで初期費用20万円、月額20万円から。

ビットアイル
http://www.bit-isle.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]