ワダックスが「EV SSL証明書」が無料で利用できるレンタルサーバーサービスを提供開始

20GBで月額8313円から利用可能の「プロフェッショナルビジネス EV」プラン
よろしければこちらもご覧ください

レンタルサーバー事業のワダックスは、同社が提供する共用型レンタルサーバーサービス「@NextStyle 共用サーバー」で、電子証明書の「EV SSL証明書」が無料で利用できるレンタルサーバーサービス「プロフェッショナルビジネス EV」プランの提供を開始した、と12月9日に発表した。EV SSL証明書はアクセスしたユーザーのブラウザのアドレスバーが緑色に表示され、閲覧しているページが実在企業のホームページであることを証明できる。従来の証明書よりも審査基準が厳しく、取得すると視覚的にも安全性をアピールできるのが特徴。EV SSL証明書は情報セキュリティサービスのセコムトラストシステムズ「セコムパスポート for Web EV」か電子認証業務事業のGMOグローバルサイン「EV SSL」いずれかが選択可能。料金は容量20GBで月額8313円から。

ワダックス
http://www.wadaxinc.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス