京セラコミュが項目とコストを絞ったWEBサイトの脆弱性診断サービスを提供開始

重要ページを抽出してリスクの高い主要項目について診断
よろしければこちらもご覧ください

情報ソリューション、通信エンジニアリングの京セラコミュニケーションシステムは、公開されているWEBサイトで主要な脆弱(ぜいじゃく)性を検査する診断サービス「WEB健康診断」を2月26日提供開始した、と同日発表した。同サービスでは専門診断員がWEBページから重要なページを抽出し、リスクの高い主要項目についてWEBアプリケーション、WEBサーバープラットフォームの脆弱性を検査する。診断項目は同社がこれまで行ってきた検査実績やノウハウから独自に体系化した。また、独自開発のカスタムツールにより、従来は手動だった診断を自動化してコストを抑えた。従来の脆弱性診断は高額で必要以上に綿密だった。診断項目はSQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、OSコマンドインジェクション、プラットフォームの脆弱性など13項目。基本診断料は18万円。

京セラコミュニケーションシステム
http://www.kccs.co.jp/

WEBセキュリティサービス
http://www.kccs.co.jp/products/web_security/index.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

属性型・地域型JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。正式には「属性 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]