東京海上日動リスクコンサルが3社提携で風評リスク監視・危機対応サービスを開始

ネガティブワードをクローラーで監視・分析、危機発生時にはアラート
よろしければこちらもご覧ください

リスクコンサルタントの東京海上日動リスクコンサルティング、プログラム開発・運用のデータセクション、シンクタンクのCSK-ISの3社は提携して、ブログや掲示板などのクチコミメディアから発生するインターネット上の風評リスク監視・危機対応サービスを3月1日開始する、と2月23日発表した。風評リスク発生のタイミングで情報を検知、本格的に情報が流通する前に広報対応などのアドバイスも含めて危機管理コンサルティングを行う。実施詳細や金額は個別見積もり。東京海上日動の危機対応コンサルティングサービスに、データセクションとCSK-ISのインターネット上のリスク情報収集・解析技術を組み合わせた。

情報は、ネガティブキーワードを登録したクローラが、国内主要600万ブログ、月6億記事のアーカイブからネガティブ情報を自動収集。検索サイトでの検索結果などでリスク度合を監視し、拡大が見られる場合はアラートが発せられる。危機発生時にはリスクコンサルタントが派遣され、対応運営本部の設置やマスコミ対応、示談や訴訟対応などの支援についての助言を行う。また、毎月の監視結果はコンサルタントの分析も加えてレポートを作成、リスクマネジメントに関する相談も実施する。

東京海上日動リスクコンサルティング
http://www.tokiorisk.co.jp/

データセクション
http://www.datasection.co.jp/

CSK-IS
http://www.csk.com/csk-is/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]