ソニーがネットを活用して最大1万台のディスプレーに広告を配信するサービスを開始

よろしければこちらもご覧ください

ソニーは6月18日、「デジタルサイネージ アドバタイジング(広告配信)サービス」を6月30日に開始すると発表した。

同サービスは、ソニーが事業主体となり、同社が開発した、インターネット網を活用して最大1万台のディスプレーへのセキュアなコンテンツ配信が可能なサービスプラットフォーム“BEADS(ビーズ)”を使用。デジタルサイネージディスプレーを広告効果の高い場所に設置し、多様なコンテンツを放映する広告配信事業で、ディスプレーの設置場所の選定から機器の手配・設置、放映する広告の受注、コンテンツ制作・配信・保守・監視に至るトータルサービスをソニーグループで提供する。同社が所有する機材を設置するため、設置場所オーナーは、初期投資の負担が少なくデジタルサイネージの導入が可能となる。

同サービスの第一弾として、Olympicの展開する首都圏22店舗に大型ディスプレーを151台設置し、「ミルとくチャンネル」と名付けた専用のチャンネルを運営する。「ミルとくチャンネル」は、広告・店舗情報・特売情報・イベント情報などの販促情報に加え、お料理レシピ・地域にあわせた天気予報・ニュースなどの便利な情報を提供し、来客者の購買行動に結び付ける。

デジタルサイネージソリューション
http://www.sony.co.jp/digital-signage/
ソニー
http://www.sony.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]