ブラウザーでページ更新-「vibit CMS」によるWebサイト制作・運営サービス「vibit Web」

[AD]

ヴィビットインタラクティヴは4月23日、実際のブラウザー画面を見たまま簡単にページ更新ができる自社開発のCMS「vibit CMS(ヴィビット・シーエムエス)」を導入したWebサイト制作パッケージサービス「vibit Web(ヴィビット・ウェブ)」を開始したと発表した。

「vibit Web」は、実際のブラウザー画面を見たまま、簡単にページ更新ができるCMS「vibit CMS」を導入してサイト構築を行うため、HTMLなどの専門的な知識のないユーザーでも、簡単なブラウザー操作で直感的なページ制作・更新が可能なWebサイトを制作することができる。ページテンプレート(ひな型)を活用してページ制作を行うため、従来のサイト制作に比べて、短期間でのサイト制作&立ち上げが可能。vibit CMS自体がリーズナブルなASP形式であることに加え、テンプレート活用形式でページ制作を行うため、従来のサイト制作に比べて制作コストの削減を実現、ページ単価を飛躍的に抑えることができる。

「vibit Web」のテンプレート(ひな型)は、すべてオーダーメイドのオリジナル制作となる。Web標準規格に対応したHTMLをテンプレートに採用しており、生成されるHTMLはSEO対策も施される。モバイル(携帯)サイトにも対応し、CMSを導入したモバイルサイトをゼロから立ち上げることも可能だ。

料金は以下のとおり。

●エコノミーパッケージ(デザインテンプレート:5パターンまで)
初期制作費:36万7500円
vibit CMS導入費:7万8750円~
vibit CMS年間利用費:6万3000円~

●ミディアムパッケージ(デザインテンプレート:10パターンまで
初期制作費:63万円
vibit CMS導入費:7万8750円~
vibit CMS年間利用費:6万3000円~

●プレミアムパッケージ(デザインテンプレート:15パターンまで)
初期制作費:78万7500円
vibit CMS導入費:7万8750円~
vibit CMS年間利用費:6万3000円~

vibit Web
http://www.vibitweb.com/
ヴィビットインタラクティヴ
http://www.vibit.net/

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]