SaaS型のCMS「リレーショナル・コンテンツ・マネージメント・システム」がモバイル対応

[AD]

ディバータは1月30日、コンテンツをメタデータ化し相互に関連付けることで、情報の整理されたサイトを簡単に構築できる「リレーショナル・コンテンツ・マネージメント・システム(RCMS)」のモバイル対応機能をリリースした。

RCMSは、コンテンツの入力時にメタデータ化し、モバイルへの表示を意識することなく、サイトの構築をすることが可能なシステム。今回、PC向けに入力されたページの3キャリア対応ページ(XHTML MP)への自動変換や、自動リサイズによる画像のモバイル対応が可能になった。

また、モバイル対応デザインの設定をはじめ、3キャリアの絵文字やアクセス解析のモバイル対応機能を追加。そののか、モバイルSEO対策やQRコードの自動作成による携帯サイトへの誘導機能が搭載された。

利用料金は、ファイル容量300MBまでが無料。法人向けのRCMS proが初期費用4万円、/月額1万円でファイル容量が2GBまで。個人向けは、初期費用2万円、月額5000円でファイル容量2GBまでを提供する。

RCMS
http://www.r-cms.jp/
ディバータ
http://www.diverta.co.jp/

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]