グローバルサイン、CSRなしでSSLサーバ証明書が発行できる世界初のサービスを開始

よろしければこちらもご覧ください

グローバルサインは1月15日、SSLサーバ証明書の申請の際のCSRが不要でSSLサーバ証明書を作成するサービス「スキップ申込サービス」の提供を開始した。

従来、ユーザー自身が利用するサーバ上で秘密鍵を作成、それに対応する公開鍵となるCSRを認証局に送信し、認証局の署名を受けるプロセスが必須のSSLサーバ証明書の発行。一方、今回のサービスでは、独自の技術(特許出願中)により、認証局のサービスとして世界ではじめて認証局側で秘密鍵とCSRを生成して証明書を発行し、これを申請者に安全に送り届けるサービスを開発した。

同サービスにより、秘密鍵の作成やCSRの作成などのPKIに関する専門知識や、申請時にウェブサーバーの準備が整っていなくても証明書の申請が可能となる。また、稼働中のウェブサーバー上でデリケートな鍵管理作業を行うというリスクを回避することができる。

グローバルサイン
http://jp.globalsign.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス