ヤフー、広告訴求対象を自由に設定できる「カスタム行動ターゲティング広告」を開始

よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは11月13日、行動ターゲティングの新たな展開として、広告主が求めるターゲット層を自由に創出して広告訴求することでターゲット層との関係強化を継続的に図ることができる高付加価値ターゲティング広告「カスタム行動ターゲティング広告」を開始した。

「カスタム行動ターゲティング広告」は、広告主が指定したキーワードによる検索履歴や、広告主が指定したYahoo! JAPAN内の特定ページの閲覧履歴に加え、広告主が出稿している広告のクリック履歴、広告主サイトの訪問履歴などを、行動履歴取得の条件として設定することができる広告商品。属性(年齢、性別)やエリア情報との掛け合わせにより、さらにきめ細かにターゲティングすることもできる。

広告主が自由に条件を設定することにより、広告主自らのプロモーションに合ったターゲティングカテゴリを作成。これにより、行動ターゲティングも含めた既存のターゲティング広告ではカバーしきれない理想的なターゲット層へのリーチが可能となり、コミュニケーションを重ねることで消費者とのより深い関係を構築できる。

同サービス導入の第一弾として、日本航空(JAL)が顧客との関係強化を目的として実施する「JAL悟空」のプロモーションで採用。JALが独自に設定した条件により「JAL悟空」の想定ターゲットを絞り込み、行動ターゲティングの技術を利用して広告を訴求する。また、JALでは今後もその他のプロモーションにおいて順次カスタム行動ターゲティングを利用する予定だ。

Yahoo! JAPAN
http://www.yahoo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]